県内で生産された水産物の放射能濃度の検査結果について(市町村その他実施分)

掲載日:2019年8月20日

神奈川県内で生産された水産物の市町村その他機関による検査結果(令和元年度)について参考にお示しします。

測定値はいずれも食品衛生法上の基準を下回るものであり、食べても健康に影響を与えるものではありません。

平成30年度以前の検査結果については、結果一覧をご覧ください。

県内で生産された水産物の放射能濃度検査結果(市町村その他実施分)

採取日

水産物の種類

(生産地等)

核種別放射能濃度

[Bq(ベクレル)/kg)]

実施機関

検査機関

放射性

ヨウ素

放射性

セシウム134

放射性

セシウム137

8月7日 タチウオ(横浜市) 2.42未満 1.93未満 横浜市 横浜市衛生研究所
8月7日 マダイ(横浜市) 2.38未満 2.55未満 横浜市 横浜市衛生研究所
8月7日 メイタガレイ(横浜市) 2.08未満 1.78未満 横浜市 横浜市衛生研究所
7月25日 スズキ(横浜市) 2.61未満 3.27未満 横浜市 横浜市衛生研究所
7月25日 マコガレイ(横浜市) 1.91未満 1.98未満 横浜市 横浜市衛生研究所
7月25日 メイタガレイ(横浜市) 2.60未満 2.47未満 横浜市 横浜市衛生研究所
7月10日 コノシロ(横浜市) 2.14未満 2.28未満 横浜市 横浜市衛生研究所
7月10日 マアジ(横浜市) 2.38未満 2.05未満 横浜市 横浜市衛生研究所
7月10日 タチウオ(横浜市) 2.71未満 2.73未満 横浜市 横浜市衛生研究所
6月27日 メイタガレイ(横浜市) 2.50未満 2.13未満 横浜市 横浜市衛生研究所
6月27日 タチウオ(横浜市) 2.72未満 2.56未満 横浜市 横浜市衛生研究所
6月27日 スズキ(横浜市) 2.50未満 2.78未満 横浜市 横浜市衛生研究所
6月12日 タチウオ(横浜市) 2.66未満 2.76未満 横浜市 横浜市衛生研究所
6月12日 マサバ(横浜市) 2.42未満 2.12未満 横浜市 横浜市衛生研究所
6月12日 マダイ(横浜市) 2.77未満 2.40未満 横浜市 横浜市衛生研究所
5月30日

マサバ(横浜市)

2.47未満 3.19未満 横浜市 横浜市衛生研究所
5月30日 マダイ(横浜市) 2.24未満 2.69未満 横浜市 横浜市衛生研究所
5月30日 シログチ(横浜市) 2.19未満 2.21未満 横浜市 横浜市衛生研究所
5月15日 スズキ(横浜市) 1.83未満 1.91未満 横浜市 横浜市衛生研究所
5月15日 マダイ(横浜市) 2.46未満 2.48未満 横浜市 横浜市衛生研究所
5月15日 クロダイ(横浜市) 1.88未満 2.56未満 横浜市 横浜市衛生研究所
4月25日 タチウオ(横浜市) 2.49未満 2.11未満 横浜市 横浜市衛生研究所
4月25日 スズキ(横浜市) 2.69未満 2.32未満 横浜市 横浜市衛生研究所
4月25日 マダイ(横浜市) 2.67未満 4.46未満 横浜市 横浜市衛生研究所
4月10日 シログチ(横浜市) 2.82未満 2.68未満 横浜市 横浜市衛生研究所
4月10日 スズキ(横浜市) 2.27未満 2.98未満 横浜市 横浜市衛生研究所
4月10日 マダイ(横浜市) 2.46未満 2.85未満 横浜市 横浜市衛生研究所

【参考】

【平成24年4月1日から適用】食品衛生法上の食品中の放射性物質の規格基準

放射性セシウム(一般食品) 100Bq/kg

※ 表中の「(数値)Bq/kg未満」は、放射能濃度が当該数値で表される定量限界値(検知が可能な最低濃度)に満たないことを示しています。

※ 当該調査についてのお問い合わせは、各市町村等へお願いします。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa