県内で生産された水産物の放射能濃度の検査結果について

掲載日:2020年10月28日

採取日

水産物の種類

(生産地等)

核種別放射能濃度

[Bq(ベクレル)/kg)]

検査機関

合計値

放射性

セシウム134

放射性

セシウム137

9月2日

ゴマサバ

(芦名沖)

不検出

(9.4未満)

不検出

(4.56未満)

不検出

(4.81未満)

(一財)日本食品分析センター
9月2日

ヤマトカマス

(芦名沖)

不検出

(10未満)

不検出

(4.89未満)

不検出

(5.39未満)

(一財)日本食品分析センター
9月2日

ムツ

(芦名沖)

不検出

(11未満)

不検出

(5.55未満)

不検出

(5.84未満)

(一財)日本食品分析センター

5月23日

アユ

(相模川)

不検出

(6.8未満)

不検出

(3.48未満)

不検出

(3.29未満)

(公財)海洋生物環境研究所
5月15日

アユ

(酒匂川)

不検出

(7.0未満)

不検出

(3.90未満)

不検出

(3.13未満)

(公財)海洋生物環境研究所
  • 表中の「(数値)未満」は、放射性物質濃度が当該数値で表される検出限界値に満たないことです。
  • 合計値は、有効数字上二桁で表記しています。
  • 食品衛生法上の食品中の放射性物質の規格基準
    放射性セシウム(一般食品) 100Bq/kg

(参考)

県内で生産された水産物の放射能濃度検査結果一覧(PDF:114KB)(別ウィンドウで開きます)

Result of the inspection on radioactive materials in fisheries products of Kanagawa(After January2018)(PDF:110KB)(別ウィンドウで開きます)

Result of the inspection on radioactive materials in fisheries products of Japan/Fisheries Agency(Before August2012)

「検査結果のグラフ」及び「検査を実施した魚種と海域図」(PDF:275KB)

神奈川県産水産物への放射能の影響について(Q&A)

「県内で生産された食品の放射能濃度について(牛乳、野菜類(きのこ・海藻を含む)、肉、魚介類、その他等を含む検査結果)」(食品衛生課)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。