海外経験者の帰国後の活躍紹介

掲載日:2018年5月16日
 

県民の国際活動の支援・促進

県民の国際活動を促進し、地域からの国際協力を推進するため、本県出身の青年海外協力隊などの(独法)国際協力機構(JICA)ボランティアを赴任前に「かながわ地球市民メッセンジャー」に委嘱し、赴任国などでの本県の紹介及び友好の架け橋としての活動を支援しています。
また、JICAボランティアの募集の支援なども行っていますが、ここでは、JICAボランティア経験者など、海外経験者の帰国後の活躍の様子などを紹介します。

JICAボランティアは現在、2017年度秋募集を行っています。

JICAボランティア特設ページはこちらです。

JICAボランティアの帰国後の活躍状況

神奈川県出身のJICAボランティアは、豊富な知識や技術を活かし、現地の人々に寄り添い、開発途上国の人づくり、国づくりに貢献し、世界からも高い評価を受けています。

これまでも、多くの県民の方々が参加しており、神奈川県出身のボランティアは東京都に次いで、全国で2番目に多い人数になっています。
JICAボランティア経験者は、帰国後もその豊富な国際経験を活かして、活躍をされています。

日本も元気にする青年海外協力隊 神奈川(横浜)「日本も元気にする青年海外協力隊(神奈川発)」[PDFファイル/3.51MB]

  • その他の地域もご覧になりたい方はこちら
  • JICAボランティアの進路状況をご覧になりたい方はこちら
  • JICAが取り組む進路支援についてご覧になりたい方はこちら

青年海外協力隊経験者の採用等により、青年海外協力隊等を応援する企業等の「サポーター宣言」

青年海外協力隊は、開発途上国における活動を通じて、広い世界観と問題意識、たくましい精神力、高度なコミュニケーション能力を身に付け、真のグローバル人材となって帰国します。
青年海外協力隊経験者の採用やJICAボランティア事業の支援を行う企業・団体・自治体等の様々な連携事例をJICAで運営するサイトで紹介しています。
サポーター宣言「サポーター宣言」のサイトはこちらです。

その他

JICAが管理・運営しているサイト「PARTNER」は、国際協力に携わるまで、携わってからのキャリア形成に有用な情報を提供しています。
PARTNER宣言「PARTNER」のサイトはこちらです。

JICAのホームページはこちらです。

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。