人と自然にやさしい砂防施設づくり

掲載日:2020年8月24日

景観と生態系に配慮した砂防堰堤

写真:景観と生態系に配慮した砂防ダム

砂防施設は、洪水や土砂災害などの自然災害から生命や財産を守り、生活基盤の根底を支えています。
今日では、災害の防止・軽減は当然として、自然環境に対する視点が地球的規模での広がりとなっており、身近な自然として保全・創出が求められています。
また、日常的には人々にうるおいとやすらぎを与える空間が求められています。
そこで「地域の自然や社会にふさわしい砂防施設が求められている」との認識に立ち砂防施設の整備にあたっては、次の点に重点をおき整備を推進しています。

  • 生命と財産を守るための施設整備
  • うるおいとやすらぎのある施設整備
  • 多様な生物の生息・生育環境となる地形や条件の保全・創出による整備
  • 周辺との景観上の調和や緑を活かした施設整備

    写真:周囲と調和のとれた施設づくり写真:うるおいとやすらぎのある施設づくり
    周囲と調和のとれた施設づくり うるおいとやすらぎのある施設づくり

 

[ページトップへ]

[戻る]
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa