大岡川水系における不法係留船対策について

掲載日:2018年9月21日

安全安心な河川を目指して

不法係留船対策

不法係留船対策
神奈川県では、平成13年3月に大岡川水系の各河川(日野川を除く)を重点的撤去区域に指定し、不法係留船対策に取り組んでいます。
 まず、河川外への自主的な移動について行政指導を行い、この指導に従わない船舶所有者に対して、行政代執行により強制撤去を実施しています。
 大岡川水系の中でも、特に、多くの不法係留船が掘割川に係留していることから、重点的に掘割川の不法係留船の解消に取り組んでいます。
 その結果、大岡川水系全体で平成8年に662隻あった不法係留船は、平成29年度末には54隻まで減少し、プレジャーボートの撤去を完了しました。
堀割川重点的撤去区域図
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa