不法係留船対策に係るデータ等

掲載日:2020年1月7日

不法係留船対策に係るデータ等

1、大岡川水系の不法係留船隻数の推移

大岡川水系の不法係留船隻数の推移(8年~29年度末)

2、堀割川は津波の影響を受けやすい河川です

高低差が少ない写真

川と陸地との高低差が少ないため、津波の遡上に伴う船舶の流出や浸水が起きやすい。

地図

河口が東京湾口に向かって開いているため、津波が遡上しやすい。

絵

流出した船舶の家屋への衝突や、船の燃料による火災発生の危険があります。

3、不法係留船対策は、法律による罰則が適用されます。

罰則の適用される河川の指定について

4、不法係留船対策のチラシはこちら

不法係留船対策のチラシ [PDFファイル/1.6MB]

5、二級河川中村川における船舶等撤去工事

二級河川中村川における船舶等の撤去工事について

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa