「学校図書館ボランティアハンドブック」を改訂しました

掲載日:2021年3月18日

学校図書館ボランティアハンドブック ~子どもと本の架け橋に~

学校図書館ボランティアハンドブックとは

 このハンドブックは、学校図書館ボランティアの役割や心得、具体的な活動事例を紹介し、これから学校図書館で活動を始めようとする方、あるいは、始めたばかりの方のための入門書となっています。

 

学校図書館ボランティアハンドブックの改訂について

 平成31年3月に策定した「かながわ読書のススメ~第四次神奈川県子ども読書活動推進計画~ 」において、子どもの読書活動を進めるため「学校図書館の利活用の促進」を取組の1つとして位置付けています。

 そこで、学校図書館ボランティアとして活動できるよう、また、より多くの皆さんに子どもと本とをつなぐ架け橋となっていただけるよう平成28年3月に作成した「学校図書館ボランティアハンドブック」を改訂しました。

 

改訂の主なポイント

 〇読み聞かせの事前準備をより詳しく記載しました。

 〇イメージしやすくなるよう読み聞かせの仕方のイラストを追加しました。

 〇学校図書館ボランティアの声を豊富に掲載しました。

 〇高等学校の事例を新たに掲載し、高等学校ならではの取組を紹介しました。

 

 学校図書館は、未来を担う子どもたちのため、それぞれの学校で多くの方々の熱意と工夫のもと運営されています。学校図書館ボランティアとしての第一歩を踏み出すにあたり、ぜひご活用ください。

 

 *以下の手順で、A5版の中綴じ冊子になります。

  1 PDFファイルを開いたら、印刷メニューを開く。

  2 「小冊子」を選択して印刷する。

  3 出力された用紙を半分に折り、ホチキスで中綴じする。

 

 主な内容

  • 学校図書館の機能
  • 学校図書館ボランティアの心得
  • 学校図書館ボランティアの活動内容
  • 本の分類と配架の仕組み
  • 本の修理の仕方
  • 読み聞かせの本の選び方
  • 読み聞かせの仕方
  • 事例紹介

 

表紙

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。