小田原保健福祉事務所足柄上センターの原爆被爆者援護対策

掲載日:2018年5月11日

小田原保健福祉事務所足柄上センターでは、原爆被爆者の方に対して、申請を受け認定した被爆者の方に対しては被爆者健康手帳を、被爆者の子どもに対して健康診断受診者証を交付し、各種の援護を行なっています。担当は、保健予防課(電話:0465-83-5111内線431から433)です。


援護制度の内容

  • 被爆に起因する負傷・疾病で治療が必要な場合、医療費の公費負担が受けられます。(厚生労働省が指定した原爆指定医療機関で対応)
  • 無料で健康診断が受けられます。
  • 被爆者の方に対して、一般疾病についての保険診療の範囲内で自己負担分を公費負担します。被爆が起因となる疾病等について認定されると各種手当ての支給があります。

関連情報

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa