神奈川県自然環境保全センター自然情報 第1号

掲載日:2008年6月16日

報告

1 神奈川県自然環境保全センターに搬送されたアライグマの記録(PDF 111KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部野生生物課・牧野敬、橋井秀雄

【要旨】

 平成10から13年にかけて当センターに搬入されたアライグマの年次別搬入頭数の推移、捕獲時期・場所、性別、体重及び繁殖状況について調査し、それらをとりまとめ、生態系を乱している移入動物としての問題・課題などを整理した。

2 神奈川県におけるニホンジカの分布の動向(PDF 376KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部野生生物課・栗林弘樹、永田幸志

【要旨】

 ニホンジカ保護管理計画策定の基礎調査の一環として、職員や鳥獣保護員などの協力を得て収集した目撃情報をとりまとめたもの。その結果、分布は丹沢山地を中心に二宮町、芦ノ湖までまたがり、季節による変動や狩猟による影響も推測された。

3 平成9年度から平成12年度に実施された親子で調べる身近な自然調査結果報告1 (PDF 302KB) 2 (PDF 379KB) 3 (PDF 439KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部野生生物課・永田幸志、自然保護課・久米朋宣

【要旨】

 県在住の小学生から中学生のいる84軒の家庭を公募し、ツバメ・白いチョウ・タヌキ・タンポポ・帰化植物などの調査した結果をとりまとめたもの。その結果、自然への理解が深まるとともに、これらの動植物の県内の分布の状況がある程度把握された。

4 神奈川県立自然保護センター野外施設の水草について(PDF 41KB)

  • 厚木市郷土資料館・槐真史

【要旨】

 平成12年度に当センターの委託により、野外施設の水草の生息状況を調査し、その結果をとりまとめたもの。希少種のデンジソウを含めて10科19種の水草が確認された。

5 丹沢山地の特別保護地区内における植生保護柵の設置実績と破損状況(PDF 127KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部自然公園課・入野彰夫、研究部・田村淳

【要旨】

 丹沢大山自然環境保全対策事業として設置した植生保護柵の実績と破損状況を調査したもの。その結果、植生の保護と野生動物との共存を両立させるために、さらなる構造等の検討が必要なことや、倒木や風による破損状況から、通常の維持管理の重要さが認識された。

6 県有林・山北管理区(山北県有林)における森林づくりの取り組みの紹介 ~「丹沢大山保全計画」を反映した森林づくりに向けて~1 (479KB) 2 (701KB) 3 (637KB) 4 (215KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター足柄出張所・牧三晴

【要旨】

 山北県有林の現状を報告するとともに、林地の保全・獣害対策・混交林化・木材の利用などの森林づくりを紹介し、今後の森林整備のあり方を展望した。

短報

7 神奈川県自然環境保全センターに傷病鳥として相次いで搬送された猛禽類(PDF 151KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部野生生物課・伊藤恵美、森重京子

【要旨】

 2001年12月から2002年1月にかけて当センターに搬送された記録例が希有なハヤブサなど5点の猛禽類の事例を紹介したもの。

8 南足柄市、中郡大磯町から神奈川県自然環境保全センターに搬送されたニホンジカへい死体の記録(PDF 47KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部野生生物課・永田幸志、牧野敬

【要旨】 

 南足柄市、大磯町から当センターに搬送されてきたニホンジカのへい死体の記録を紹介し、丹沢山地以外にもニホンジカが確実に生息しているのを示した。

資料

9 神奈川県自然環境保全センターに保護された傷病鳥獣の記録(2000年、2001年)(PDF 236KB)

  • 神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部野生生物課・牧野敬、小田慶磨

【要旨】

 2000年、2001年における傷病鳥獣の保護実績及び主要な鳥獣保護状況一覧を傾向、特記事項などを付して紹介したもの。

特別寄稿

ワイルドライフマネジメント(野生動物保護管理)とは何か(PDF 21KB)

  • 日本獣医畜産大学 野生動物学教室 羽山伸一

丹沢で出会った生きものたち(PDF 56KB)

  • 平塚市博物館 浜口哲一

(敬称省略)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。