大涌谷園地

掲載日:2019年5月20日

園地の風景火山ガス土石流災害アクセス

箱根山の噴火警戒レベル2への引き上げ(2019年5月19日)に伴い、大涌谷園地には立ち入ることはできません。→詳しくはこちら

 

噴煙が上がっているので有名な大涌谷。この辺り一帯を大涌谷園地といいます。

自然研究路、駐車場、トイレが整備されています。

自然研究路は噴煙地近くまで行ける延長約600メートルの園路です。ここでは、火山地帯の観察ができ、あたりは火山性ガスの臭いが立ち込めています。また、研究路内の所々に、火山の成り立ち等を説明した解説板があり、火山の勉強ができます。

かながわ景勝50選にも選ばれています。

園地の風景

写真:大涌谷の全景
大涌谷全景

写真:かながわ景勝50選の石碑がある展望広場
展望広場(かながわ景勝50選)

写真:自然研究路の風景
自然研究路

火山ガスについて

大涌谷周辺では、人体に有害な火山性ガス(硫化水素、二酸化硫黄)が発生しています。臭いが強いときや、目・鼻・喉に刺激を感じるときは危険ですので、その場から退去してください。

なお、研究路の入口や研究路内に注意看板が設置してありますので、よく読んで、体調の悪い方等は、立ち入らない等、十分に注意してください。

火山性ガスの噴出が特に強い時は、自然研究路の通行を禁止する場合もありますので、ご理解願います。

立ち入った場合、特に危険な方

ぜん息の方

気管支疾患、呼吸器疾患のある方

心臓疾患のある方

心臓ペースメーカーを装着している方

写真:大涌谷に立てられた注意看板の写真
注意看板

土石流災害について

平成14年10月1日の台風21号の豪雨により、冠ヶ岳の東側斜面が崩壊し、土石流が発生、自然研究路が往復路合わせて約130メートルが災害を受けました。

現在、復路(約300メートル)は復旧し通行にできるようになっておりますが、往路(約300メートル)は、現在も通行止めとなっております。利用者の方には、ご迷惑をおかけしております。

なお、大雨など気象状況等により自然研究路の通行を禁止する場合もありますので、ご理解願います。

写真:被災後の風景(復路)
被災後の風景(復路)

アクセス

バス

小田原駅・湯本駅 → 湖尻または箱根園行 大涌谷バス停下車

ロープウェイ

早雲山駅 → 大涌谷駅

県道75号(湯河原箱根仙石原線)「湖尻三叉路」交差点を大涌谷方面に曲がって約4キロメートル

駐車場

あり(有料/520円/1回)