「水防災意識社会 再構築ビジョン」に基づく神奈川県・横浜市管理河川の減災に係る取組方針について

掲載日:2018年2月6日

 県や関係市町村等からなる「神奈川県大規模氾濫減災協議会」では、「水防災意識社会」を再構築するため、減災のための目標を共有し、おおむね5年で実施する減災対策を取りまとめた「『水防災意識社会 再構築ビジョン』に基づく神奈川県・横浜市管理河川の減災に係る取組方針」(以下「取組方針」といいます。)を策定しました。

「取組方針」について

策定の目的

 県及び横浜市が管理する一級・二級河川を対象として、「神奈川県大規模氾濫減災協議会」の構成員が連携協力してハード対策とソフト対策とを一体的、計画的に推進し、「水防災意識社会」を再構築するために策定したものです。

主な内容

第1部 共通編

  1. 減災のための目標
  2. 目標達成に向けた主な課題と取組 (各地域共通の主要な項目)
  3. フォローアップ

第2部~第7部 地域編

  1. 地域の概要と主な課題
  2. 現状の取組状況
  3. 概ね5年で実施する取組

「取組方針」のダウンロード

全文

概要

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。