「令和元年度 第2回 神奈川県大規模氾濫減災協議会」「令和元年度 第2回 総合土砂災害対策県・市町村調整連絡会」を開催しました

掲載日:2019年11月22日

会議の概要

※令和元年台風第19号に伴う一連の災害の発生を受け、各地の被害状況等について情報共有を図り、今後の対応について協議するため、水害に関する「神奈川県大規模氾濫減災協議会」と土砂災害に関する「総合土砂災害対策県・市町村調整連絡会」を合同で開催しました。

開催日時・開催場所

日時:令和元年11月21日(木曜日) 10時30分から12時00分
場所:神奈川県庁 本庁舎3階 大会議場

主な出席者

    • 神奈川県知事(代理)
    • 各地域県政総合センター所長(一部代理)
    • 各土木(治水)事務所、センター所長
    • 城山ダム管理事務所長、三保ダム管理事務所長
  • 横浜市
    • 横浜市長(代理)
    • 横浜市各区長(代理)
  • 市町村
    • 県内各市町村長、東京都町田市長(一部代理)
    • 横浜地方気象台長(代理)
      国土交通省 京浜河川事務所長
    • 国土交通省 相模川水系広域ダム管理事務所長

講演講師

  • 横浜地方気象台 次長
  • 関東地方整備局 河川部 地域河川課長
  • 関東地方整備局 河川部 河川計画課 課長補佐

内容

  • 「令和元年台風第19号の被害状況等」として、横浜地方気象台及び国土交通省関東地方整備局よりご講演をいただくとともに、県内の被害状況について説明し、情報共有を図りました。
  • また、「令和元年台風第19号におけるダムの放流操作・情報提供」についても説明し、情報共有を図りました。

会議の様子

DSC04384

DSC04389

DSC04393