洪水ハザードマップについて

掲載日:2021年9月22日

 市町村では、県が作成した「洪水浸水想定区域図」を基に、避難所等を示した「洪水ハザードマップ」を作成しており、次の市町村ホームページで閲覧することができます。

横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 葉山町 寒川町 大磯町 二宮町 中井町 大井町 松田町 山北町 開成町 箱根町 湯河原町 愛川町 清川村

※県では、平成28年度以降、想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図の公表を順次行っておりますが、その内容が市町村の洪水ハザードマップに反映されていない場合もあります。そのため、洪水ハザードマップを閲覧される際は、関連リンク「河川の氾濫による洪水浸水想定区域図」から、県が作成した洪水浸水想定区域図も併せてご確認ください。

 

河川はん濫・内水はん濫イメージ図

gaisuinaisui

<出典:内水浸水想定区域図策定マニュアル(案)より>

なお、大雨の時に下水道(雨水)などからの浸水が想定される区域や浸水する深さなどをまとめた内水ハザードマップについては、こちらから確認できます。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa