難病患者さんへの支援

掲載日:2020年7月20日

相談・家庭訪問等

療養生活について、患者さんやその家族の方からの電話や来所による相談に応じています。

また、在宅の重症患者さんに、保健師等が訪問相談を行っています。

難病リハビリ相談

難病患者さんとご家族を対象に、お体に合った「運動」や「体の動かし方」「道具の工夫」「自宅での生活環境の整え方」など

理学療法士が訪問して相談・指導を行います (年4回程度)。

開催日等の詳細についてはこちら→難病リハビリ相談のおしらせ(PDF:125KB)

※令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、9月以降を予定しております。

「ふれあい教室」

神経系難病等の患者さんとご家族のためのリハビリ教室です。(年5回程度)

開催日、内容等の詳細はこちら→ふれあいだより(PDF:180KB)

※令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、9月以降を予定しております。

「難病患者と家族のつどい」

難病患者と家族の集いを開催いたします。

みなさんと一緒に交流しながら、スポーツ吹矢の体験をしてみませんか。

→終了しました

令和元年8月30日(金曜日) 13時30分から15時30分 大和センター講堂

講師 日本スポーツ吹矢協会 公認指導員 山越 里子 氏

内容等の詳細はこちら→難病患者と家族のつどい(PDF:242KB)

※令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、9月以降を予定しております。

「難病講演会」

網膜色素変性症講演会

病気の基本的な理解と治療法、ロービジョン・ケアについて講演会を開催いたします。

講演終了後、患者会の紹介、福祉機器の展示等を予定しています。

→終了しました

令和元年10月10日(木曜日) 14時00分から16時00分 大和センター講堂

講師 北里大学病院 神経内科診療准教授 北里大学医学部講師 永井 真貴子 氏

内容等の詳細はこちら→講演会案内(PDF:202KB)

※令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、9月以降を予定しております。

 

 

 

関連情報

リンク先

 

本文ここで終了

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。