横須賀三浦地域の防災への取組みについて

掲載日:2018年11月21日

横須賀三浦地域県政総合センターの防災体制

震度6弱以上の地震が発生、大津波警報が発表されたら

地震の文字イラスト津波の文字イラスト

横須賀三浦地域県政総合センターでは全職員が自己所属や広域防災活動拠点、広域防災活動備蓄拠点等に緊急参集し、横須賀三浦現地災害対策本部を設置して地震や津波による被害の情報収集などに努めます。

気象警報が発表されたら

暴風雨のイラスト

横浜地方気象台から三浦半島に大雨、洪水、暴風、大雪、暴風雪、高潮警報のいずれかの発表がされた際、横須賀三浦地域県政総合センターでは、あらかじめ指定している職員が当センターに緊急参集し、風水害による被害の情報収集に努め、災害に備えます。

原子力防災対策について

平成28年度神奈川県・横須賀市合同原子力防災訓練の様子

神奈川県では、横須賀市内8か所に、環境放射線測定装置(モニタリングポスト)を設置し、原子力事業所((株)グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン)周辺の環境放射線を監視しています。測定したデータは県庁に設置した中央監視局に集められ集中監視を行うとともに、横須賀原子力規制事務所、県衛生研究所及び横須賀市役所へも伝送され、監視体制の強化を図っています。

このモニタリングポストが毎時5マイクロシーベルト以上の放射線量を検出した際、横須賀三浦地域県政総合センターでは、横須賀オフサイトセンターに職員を派遣するなど、各機関と連携し対応を図ります。

※平成28年度神奈川県・横須賀市合同原子力防災訓練を実施しました。(平成29年1月31日)

平成29年度に実施した主な防災訓練

現地災害対策本部設置・運営訓練

現地災害対策本部に関する業務の習熟を図るため、平成29年10月2日に緊急参集時現地災害対策本部設置訓練、12月4日に現地災害対策本部初動対応訓練、平成30年3月9日に現地災害対策本部運営訓練を実施しました。

H29現対本部訓練1

H29現対本部訓練2

広域防災活動拠点運営訓練

災害時に県立横須賀工業高等学校に設置される広域防災活動拠点の設置・運営について、業務の習熟を図るため、平成29年10月12日に広域防災活動拠点運営訓練を実施しました。

H29県工1

H29県工2

広域防災活動備蓄拠点運営訓練

災害時に鎌倉三浦地域児童相談所に設置される広域防災活動備蓄拠点の設置・運営について、業務の習熟を図るため、平成29年9月6日に広域防災活動備蓄拠点運営訓練を実施しました。

H29児相1

H29児相2

高病原性鳥インフルエンザ対応訓練

管内で飼養されている家きんに高病原性鳥インフルエンザが発生した際に設置される消毒ポイントについて、業務の習熟を図るため、平成30年1月10日に高病原性鳥インフルエンザ対応訓練を実施しました。

H29鳥フル1

H29鳥フル2

防災関係リンク

神奈川県

市町

国等 

このページの先頭へもどる