令和元年度 「ひきこもり・不登校の子ども・若者を支えるための人材育成研修」

掲載日:2019年7月23日

人や社会とつながることに困難を感じている子ども・若者がたくさんいます。
 NPOなどの民間団体や市町村教育支援センター(適応指導室)では、居場所づくりなどを通して、こうした子ども・若者と、その家族を支援するための様々な努力をしています。
 神奈川県では、関係NPO団体などのスタッフの参画と協力を得て、子ども・若者の”つながり”をサポートする人材育成研修を実施します。 「子どもが好き」、「子どもや若者たちに寄り添ってみたい」・・・ そんな18歳から30歳の方の参加をお待ちしています。

令和元年度研修の実施について

日程・講座内容

日程 主な内容

 事前研修

 講義

(県立青少年センター)

令和元年8月3日

(土曜日)

10時から16時 

  • 「ひきこもり当事者の理解と付き合い方」(講師:臨床心理士)
  •  支援現場の実際(講師:支援団体スタッフ)
  •  支援活動の説明・団体スタッフとの懇談

 事前研修終了から

 令和元年11月1日

(金曜日)の間

〈各支援団体での支援活動体験〉

 ふりかえり

(県立青少年センター)

令和元年11月2日

(土曜日)

13時から15時

  • 意見交換・交流会・修了式

※内容と講師については、諸事情により変更される場合があります。

応募資格・定員

事前研修、及びふりかえりへの参加が可能な18歳から30歳の方。20名。
※申し込み多数の場合は、選考の上、受講者を決定させていただきます。

お申込み、お問合せ

 研修参加をご希望の方は、まずはお電話またはメールをください。
 受付後に、参加申込書をお送りしますので、必要事項を記入して、青少年センター青少年サポート課宛に郵便、電子メールのいずれかの方法で提出してください。

電話:045-263-4467(直通)  メール:nposupport.440@pref.kanagawa.jp
受付:9時から17時(土曜日・日曜日も受付、月曜日を除く)
申込締切日:令和元年7月16 日(火曜日)

費用

 無料
 ※参加費は原則無料ですが、交通費、食事代、ボランティア活動保険掛金などは参加する方の負担になります。

会場

 会場:県立青少年センター(横浜市西区紅葉ケ丘9-1)、及び、ボランティア体験をおこなう支援団体の各活動場所

県立青少年センター  

県立青少年センター

 <アクセス>

  • JR根岸線「桜木町駅」北改札西口から徒歩約8分
  • 横浜市営地下鉄線ブルーライン「桜木町駅」から徒歩約10分
  • 京浜急行線「日ノ出町駅」から徒歩約13分
  • みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩約20分
  • 横浜駅東口からバス「紅葉坂」下車徒歩約4分、「戸部1丁目」下車徒歩約2分

 ※会場へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

これまでの活動体験にご協力いただいた団体・機関

 (民間団体)

  • NPO法人リロード(横浜)
  • NPO法人楠の木学園(横浜)
  • フレンドリースペース金沢(横浜)
  • NPO法人月一の会(横浜)
  • NPO法人フリースペースたまりば(川崎)
  • フリースクール鈴蘭学園(相模原)
  • NPO法人アンガージュマン・よこすか(横須賀)
  • NPO法人子どもと生活文化協会(CLCA)(小田原)等

 (公的機関)

  • 県立足柄ふれあいの村きんたろうキャンプ等
  • 逗子市教育研究所・適応指導教室「なぎさ」
  • 三浦市教育相談室・相談指導教室
  • 海老名市教育支援教室「びなるーむ」

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa