農産物の上手な利用法(カブレモン漬け/作り方)

掲載日:2018年3月6日
材料へ カブ浅漬けのメニューへ

 

作り方

(1)浅漬けのカブはザッと漬け液をきる。

写真

(2)レモンは端は切り落とし、果肉の多いところをうすく切り、種をのぞく。

写真

(3)鍋に分量の酢と砂糖を入れ、攪拌して砂糖をとかす。

写真

(4)漬物容器に浅漬けカブの根、レモンのスライス、浅漬けのカブの葉を入れ、上から(3)の甘酢を注ぎ込む。

写真写真

(5)カブの上に水が出てくるまで、手で、キュッキュッと押しつける。

写真

(6)カブの上に水が上がってきたら、押しぶた(蓋)をのせる。

写真

(7)漬物容器に異物が入らないよう、ふた(蓋)をして、涼しいところにおく。

写真

(8)1日でレモン風味の甘酢漬けカブとして食べられる。

写真写真


作り方のアドバイス

★甘酢液

好みに応じて配合を加減して下さい。ここに書いた配合割合で漬けると酸度は0.2%になりますが、レモンを加えるので、レモンの酸が効いてきます。レモンの大きさにもよりますが、レモン1個には4gくらいのクエン酸が含まれます。そのため、レモンの酸が均一に混ざると酢とあわせて、0.4~0.5%の酸度になります。

写真写真

★生のカブを使う場合

1.5kgのカブなら、良く洗い、甘酢液(酢100ml、砂糖27g)に塩20gを加え、レモンのスライスをあわせて、漬け込んで下さい。


材料へ カブ浅漬けのメニューへ

農産物の上手な利用法へ戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa