農産物の上手な利用法(カブ浅漬/材料)

掲載日:2018年3月9日
作り方へ カブ浅漬けのメニューへ
材 料
葉付きカブ 1.5kg(10個)
水 0.93リットル
塩 70g

写真写真

★カブ(蕪)

カブは日本では古くから栽培されています。春の七草の「スズナ」としても知られています。カブはアブラナ科で、ハクサイやツケナの仲間です。
カブには大きく分けてヨーロッパ系とアジア系があります。ヨーロッパ系は耐寒性が強く、東日本で多く作られ、山内、長カブ、小カブ、野沢菜などいろいろな品種があります。アジア系は中型から大型のものが多く、聖護院、日野菜、酸茎菜(すぐきな)などがあります。
神奈川県では横浜市、茅ヶ崎市を中心に小カブが主に栽培され、1月から4月にかけて出荷されています。

写真

小カブは葉をつけて販売されますが、外側の方の葉はすぐに黄色くなってしまいます。冷蔵庫に入れても葉の黄化は進みます。買ってきたら直ぐに調理したり、漬けて下さい。ちょっと長く保存したいなら、葉と根を切り離し、薄いポリエチレンの袋に入れ、冷蔵庫に保存して下さい。


作り方へ カブ浅漬けのメニューへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa