農産物の上手な利用法(キュウリの梅酢漬け/作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月9日
材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
作り方のアドバイス

★キュウリの梅酢漬け

スプリング付きの漬物容器が無いときはポリエチレン袋に入れ、揉み込んでください。キュウリを揉み込んだら、紙箱やプラスチックケースの中にいれ、重石をのせてください。

写真   写真

★副材料

キュウリを梅酢だけに漬け込んでもサッパリした漬物になるのですが、昆布や唐辛子、砂糖を加えることで味にまろ味がでて、食べやすくなります。砂糖や唐辛子は好みで増減してください。

写真   写真

★漬けあがりの判断

漬物容器に入れたときはキュウリが硬く、梅酢が入っているのですが、加重用押しブタ上まで漬け液は上がってきません。1日おけば、漬け液は加重用押しブタの上まで上がってきます。このキュウリの梅酢漬けは微生物の発酵による成分変化を利用せず、副材料のもつ味をキュウリに染み込ませ、味の調和が図られればOKです。常温に長く置くことは避けてください。

写真
漬け込み当日
  写真
漬け込み1日後

★キュウリの梅酢漬けの保存

このキュウリの梅酢漬けは長く保存することができません。キュウリと調味液を合わせただけでは徐々に微生物が繁殖し、液が濁り、味や香が変化してきます。必要に応じて調整・加工するのが得策です。
味がなじんだら、冷蔵庫に保管し、速やかに食べてしまいましょう。


材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa