農産物の上手な利用法(米の酸度調査/調査法)

掲載日:2018年3月6日
調査法《試薬の調製》
(1)メチルレッド0.1gとブロムチモールブルー0.3gをはかり、三角フラスコに入れる。
 
写真:メチルレッド0.1gとブロムチモールブルー0.3g   写真:200mL容の三角フラスコに試薬を入れる
(2)三角フラスコにエチルアルコール150mLを加え、試薬を溶かして、約24時間静置する。
 
写真:試薬を入れた三角フラスコにエチルアルコール150mLを加え、溶かす   写真:三角フラスコを静置
(3)(2)の三角フラスコに精製水50mLを加え200mLとする。
写真:精製水50mLを加える   写真:撹拌して、均一にする
(4)体積比で(3)の原液1に精製水50を加えてよく混合したものをpH指示薬とする。
写真:三角フラスコに入った原液と5mLのピペットと300mL容の三角フラスコ   写真:5mLの指示薬原液をはかり、300mL容の三角フラスコに入れる
写真:メスシリンダーに精製水250mLをはかる   写真:三角フラスコに精製水250mLを加え、pH指示薬とする
 
調査法《判定手順》
(5)試験管にpH指示薬10mLを採る。
写真:試験管にpH指示薬を採る   写真:試験管にpH指示薬10mLを採る
写真:試薬を入れた試験管を並べる
(6)米粒を約5g量る。
写真:米粒を約5gをはかる   写真:米粒を約5g
(7)(5)のpH試薬を入れた試験管に米粒を約5g加え、栓をする。
写真:試薬を入れた試験管に米粒を約5g加える   写真:試験管に栓をする
(8)(7)のpH試薬と米を入れた試験管を5回程度振とうする。
写真:試験管を振とう   写真:試験管を振とう
写真:試験管を振とう   写真:試験管を5回くらい振とう
 
調査法《判定方法》
(8)液が緑色になるものほど鮮度がよく、米粒の酸化が進んで鮮度の悪いものほど黄色や橙色になる。
写真:液の色を観察   写真:緑は鮮度よく、黄色は鮮度がわるい

このページのトップへ
試薬・用具へ
米の酸度調査法・粒染色による判定へ
調査法のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa