農産物の上手な利用法(のらぼう菜のおひたし)

掲載日:2018年3月6日

農産物の上手な利用法の表紙

写真
 
材 料
のらぼう菜 300g
塩 少々
写真
 
作り方
 
作り方のアドバイス

★のらぼう菜

のらぼう菜は東京都西多摩郡五日市町(現:あきる野市)や川崎市多摩区菅地区で栽培されているまアブラナ科の野菜です。のらぼう菜はとう立ちした花茎をかきとり収穫し、利用します。収穫時期は花茎が伸びだした2月下旬から花茎が硬くなる前の4月下旬までです。5月になると茎が硬くなってしまいます。
収穫したものは直ぐに利用、調理するのがよいのですが、保存するときは薄いポリエチレン袋に入れ、冷蔵庫に入れてください。
写真 写真

★味の調整

のらぼう菜のおひたしは食べるときに醤油や出汁で割った醤油を少しかけてください。濃い味は必要ありません。のらぼう菜の香りと茎の甘味、歯ざわりを楽しんでください。
写真

★のらぼう菜のサラダ

茹でたのらぼう菜を器に盛り、醤油をかければおひたしとなりますが、茹でたのらぼう菜にトマトなどを添え、マヨネーズやドレシングを用いたり、和えればサラダ感覚の惣菜となります。
写真

農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa