農産物の上手な利用法(小ナスの塩漬け/作り方)

掲載日:2018年2月28日
作り方

 

(1)小ナスを水洗いし、水を切る。

(2)塩とミョウバンを混ぜる。

(3)差し水に塩を溶かす。

(4)容器にナスと塩を入れ、皮に傷をつけるようにこすりつける。

(5)容器の中の小ナスを平らにし、差し水を加える。

(6)押し蓋をして、重石をのせる。

(7)一晩たったら天地返しをする。


作り方のアドバイス

★漬け込み

漬け込む量が少ないときは容器に小ナスと塩を入れて、かき回しながら小ナスの表面に塩をすり込んでください。このとき素手でかき回すとナスのヘタのトゲがチクリ、チクリとするので注意してください。
塩は容器の底にたまりやすいので、漬け込む時は下部に少なく、上部、表面に多くして下さい。また、漬け込み後1日以内で、塩水がナスの上まで上がって来なければ、色が変わったり、いたんだりします。塩水を早く上げるには重石と差し水(10%の塩水)が必要です。

★重石

重石は漬け込み原料と同量以上が原則ですが、量が極端に少ないときは多くかけて下さい。塩水が上がってきたら、塩水が押し蓋の上に来るように重石の加減をして下さい。

★天地返し・手入れ

漬けてそのままだと塩が底に落ちてしまい、全体に行き渡りません。塩を全体に均一にするために必ず行ってください。

★保存

タルは汚れや虫が入らないようにシートで覆い、涼しい清潔な所に置いて下さい。

★利用方法

塩漬けで食べるなら水に入れて塩出しし、適当な塩分になったところで、キュッと絞ってください。小ナスの塩漬けとして美味しくいただけます。また、カラシ床を作って塩出しした小ナスを漬け込むと小ナスのカラシ漬けになります。
小ナスの塩漬けの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa