農産物の上手な利用法(トマトチリソース/材料)

掲載日:2018年3月7日
材 料

 

トマト 適量
トウガラシ 適量
食塩(出来上がり量の0.3%)

保存ガラスビン
ビンのフタ

★トマト

ピューレ原料のトマトは完熟したトマトを用いるのが肝要です。真っ赤に熟したトマトでないと色も良くなく、ピューレの歩留まりが少なくなります。
完熟していないトマトの場合は3から5日くらい室内において、追熟させ、真っ赤にしてから用いましょう。
トマトは品種、栽培時期によってパルプ分が異なります。パルプ分の多いトマトは1月3日くらいに濃縮し、パルプ分の少ないトマトは1月5日くらいに濃縮します。

調理用トマト「なつのこま」の紹介

★トウガラシ

 トウガラシには様々な種類があります。一見とても辛そうにみえてもあまり辛くない甘トウガラシから、指先で触っているとそれだけでピリピリしてくる激辛トウガラシまでいろいろあります。甘トウガラシにはイタリアの品種で「Friarello」、メキシコの「Jalapeno」などがあります。激辛トウガラシの代表はメキシコで栽培されている「Habanero」で、ギネスブックにも登場しています。
トウガラシは好みによって種類と量を変えて下さい。

トウガラシの品種紹介

トマトチリソースの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa