農産物の上手な利用法(割り干しダイコンの酢醤油漬/作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

 

(1)割り干しダイコンはぬるま湯で洗い、包丁で3cmくらいに切る。

(2)キュウリは縦に四つ割りにしてから3cmくらいに切る。

(3)ニンジンはせん切りにする。

(4)昆布は細切りにする。

(5)醤油、水、酢、砂糖、味醂、カレー粉を合わせて、調味料液を作る。

(6)ボウルに(1)の割り干しダイコンと(2)のキュウリ、(3)ニンジン、(4)の昆布を入れて混ぜ合わせる。

(7)(6)を漬け込み容器に入れる。

(8)(5)の調味液を加え、軽い重石をのせる。

(9)漬け込んだ翌日から食べられる。


作り方のアドバイス

★割り干しダイコン

割り干しダイコンは日向臭さを取るため、ぬるま湯で洗ってください。
水に長く浸けると水を吸い過ぎ、水膨れ状態になってしまいます。水膨れの割り干しダイコンは調味料に漬ける前に水を絞らなければなりません。これによりダイコンのうま味が抜けてしまいます。
ぬるま湯で洗って少しおいておくと、水を吸って軟らかくなります。軟らかくなったら包丁で楽に切ることができます。

★副材料

 昆布は表面の汚れを濡れ布巾でサッと拭い去り、料理用ハサミで切ると手早く、手軽にできます。

★調味液

調味料の割合は好みで変えて下さい。和風な味にしたいときはカレー粉に替えて、七味トウガラシを加えて下さい。

★漬け込み容器

広口のガラスビンに漬け込むのが、上下撹拌するのにも便利です。漬け込みが終わったら軽い落とし蓋をして、原料が調味液の上に出ないようにして下さい。
割り干しダイコンの酢醤油漬の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa