農産物の上手な利用法(メロンシャーベット/作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

 

(1)メロンは半分に割り内部の種・ワタを除く。

(2)メロンの種・ワタをガーゼに包み、ジュースを絞る。

(3)メロンの果肉を粗く切る。

(4)ボウルにメロンの果肉、ジュース、砂糖を入れ、粗く混合して、凍結する。

(5)凍結したら小さな固まりにしてからフードプロセッサーで粉砕撹拌する。


作り方のアドバイス

★混合・撹拌

凍結したメロンを砂糖とともに混合粉砕しますが、ミキサーも使えますが、フードプロセッサーの方が良く混合粉砕できます。このときメロンシャーベットに空気を多く含ませれば、ソフトで滑らかな口当たりにすることができます。手早く混合粉砕を行い、温度を上げないようにして下さい。温度が上がり融けてしまったら再度凍結して下さい。また、一度に食べきれないときも、耐冷凍の容器に入れて、凍結保存して下さい。

★メロンシャーベット原料の冷凍

メロンの果肉、砂糖、種とワタを搾ったジュースを冷凍保存用のポリエチレン袋に入れて、凍結保存すると冷凍庫内でもかさばらずに、長く保存することができます。
冷凍保存用のポリエチレン袋にメロンの果肉と砂糖、ジュースを入れたら、砂糖にジュースが染み込むようになじませてから、袋の中の空気を抜いて、袋の口を閉じて下さい。袋の口がしっかりと閉じたことを確かめてから、袋全体を平にのばして、冷凍して下さい。

長期保存する場合は冷凍保存を始めた年月日を記してから、凍結して下さい。

★原料の冷凍保存 メロンを丸ごと凍結保存することはちょっと難しいので、調整をし、冷凍保存用のポリエチレン袋に入れて、凍結保存して下さい。凍結したメロンをシャーベットにするなら、メロンだけを凍結するより、砂糖を加えた方が、混合粉砕するときの操作が簡単になります。


メロンシャーベットの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa