農産物の上手な利用法(イチジクジャム/材料)

掲載日:2018年3月6日
材 料

 

イチジク 1,500g
砂 糖 500g
レモン果汁 25ml

★イチジク

イチジクは小アジア原産のクワ科の果実です。イタリア、ポルトガル、スペインなどで多く生産され、日本では愛知、和歌山、大阪で多く生産されています。
イチジクは果実の内側に多数の白い花をつけ、そのまま肥大するため、外からは花を見ることがありません。そのために無花果という字があてられました。果実は夏果と秋果があります。夏果は7月頃、秋果は8月~10月頃に熟します。
イチジクジャムの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa