農産物の上手な利用法(リンゴセミプレザーブジャム/作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月6日
作り方のアドバイス

★果皮と芯

2kgのリンゴで果皮と芯は500g程度になります。だいたい原料の1月4日くらいと思えば良いでしょう。3倍量(1.5リットル)の水を加えて、加熱しますが、加熱により重量が2月3日に減少します。

★砂糖の添加

砂糖は1月3日づつ、3回に分けて加えて下さい。砂糖を加える間隔は砂糖がとけて、リンゴの中に染み込んでからにしてください。量が多いときはあまり問題が無いのですが、量が少ないと砂糖を入れて加熱すると、直ぐに溶け、再沸騰してくるので、次の砂糖を入れたくなります。でも、その間隔が短いとリンゴの中とまわりの糖液の濃度差がつきすぎて、突然リンゴがキュッとしまって、固くなってしまうことがあります。量が少ないときは加熱の弱くしたり、場合によっては加熱を止めて、リンゴと糖液の状況を見ながら、煮詰めてください。

★リンゴの加熱

リンゴの果肉の中には空気が入っているので、糖液に入れて加熱すると、ブクブクと泡が出てきます。また、果肉に空気が入っているため、スーッと砂糖は入ってくれません。砂糖が入ったかどうかは果肉の透明感で判断できます。透明感が少ないときは加熱を中断し、温度を下げると、リンゴの内部の空気の泡が縮小し、糖液が浸透するので透明感がスーッと増してきます。でも、再度加熱すると、果肉の中の空気が膨らむので透明感が無くなります。リンゴの果肉の中に砂糖を入れるには駄々っ子をなだめすかすように、加熱を調節して下さい。

★出来上がり収量

糖度60~65の煮詰めで、出来上がり量は3.5kgくらいになります。
リンゴセミプレザーブジャムの材料へ
リンゴセミプレザーブジャムの作り方・その1へ
リンゴセミプレザーブジャムの作り方・その2(ビンにつめて保存する場合)へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa