農産物の上手な利用法(青ウメジャム/材料)

掲載日:2018年3月9日
材 料
青ウメピューレ 適宜
グラニュー糖 ウメピューレと同量~2倍量 
青ウメジャムの原料となる青ウメピューレとグラニュー糖   青ウメジャムを食卓に

★青ウメジャム

青ウメピューレの原料は熟しているが皮の色が鮮やかな緑色のウメを使います。
青ウメジャムは青ウメのさわやかさを生かしたジャムです。青ウメはペクチンが強いので青ウメピューレに糖分を加えて炊き上げるだけでは硬くて泡をたくさん抱き込んだジャムになってしまいます。青ウメピューレの特性を調べて配合割合を決めなければなりません。
       

★青ウメピューレ

青ウメピューレの原料は樹上で熟した青ウメを用いるのが大切です。青ウメだからといって未熟だということではありません。青ウメでも黄色に色づく直前のウメでなければ、苦味が強く、加工原料として適切ではありません。未熟な青ウメは絶対に用いてはいけません。
  写真:未熟な青ウメ(左)、完熟の青ウメ(右)

★グラニュー糖

青ウメジャムはすっきり仕上げるのがポイントです。砂糖もスッキリした味のグラニュー糖を使ってください。グラニュー糖が無ければ上白糖を使ってください。個性の強い三温糖や精製度の低い砂糖は使わないようにしてください。
  グラニュー糖    

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa