かながわSDGsパートナー・アクションミーティングを開催しました

掲載日:2020年2月13日

県では、かながわSDGsパートナー間の異業種交流やマッチング等を行い、SDGs推進に向けた新たなビジネスを創出する機会として、かながわSDGsパートナー・アクションミーティングを開催しました。

参考:「かながわSDGsパートナー・アクションミーティング」チラシ(PDF:625KB)

 

1 概要

(1)日程

 2020年2月6日木曜日 13時から18時まで

(2)場所

 パシフィコ横浜会議センター 3階 303・304 (横浜市西区みなとみらい1-1-1)

(3)対象

 参加自由・入場無料

(4)内容

 ・ブース :かながわSDGsパートナー(19者)のSDGsの取組み等を紹介

 ・ステージ:ブース出展者による、プレゼンテーション(各8分程度)

 ※ステージ時間の詳細は、こちら(PDF:610KB)

 ブース出展者一覧

認定特定非営利活動法人アクト川崎/麻布大学/学校法人幾徳学園神奈川工科大学/株式会社井戸屋/ウォータースタンド株式会社/株式会社栄光/株式会社大川印刷/オーガニック料理教室ワクワクワーク/株式会社JVCケンウッド/生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ/特定非営利活動法人セカンドリーグ神奈川/株式会社ダイイチ/株式会社長寿乃里/東京サラヤ株式会社/株式会社ニックス/三井住友建設株式会社/株式会社ユーグレナ/株式会社横浜銀行/リコージャパン株式会社 (敬称略 順不同)

 

2 結果

(1)参加者数

  350名

(2)イベント風景

 知事挨拶

 (知事挨拶の様子)   

パートナーシップによる様々な取組を進め、持続可能な神奈川の実現を目指すことを表明。

挨拶後は、各ブースを見学しました。

 会場の様子

 (会場の様子)

19のパートナーがブースを出展。

各ブースでは、取組の紹介や意見交換など活発な交流がありました。

 

 pschou

 (プレゼンテーションの様子)

ブース出展者によるプレゼンテーションを実施。

SDGsの取組を発信していただきました。

 Buddyup

 (Buddyup!の説明の様子)

株式会社富士通研究所と協力し、マッチング支援WEBサイトの実証実験を行い、来場者との交流に活用しました。

 

 

3 かながわSDGsパートナー制度について

  SDGsの推進に資する事業を展開している企業等の取組事例を県が募集・登録・発信するとともに、県と企業が連携してSDGsの普及啓発活動に取り組む制度。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa