かながわSDGsパートナー制度について

掲載日:2019年7月30日

 

1 「かながわSDGsパートナー」制度について

(1)概要

 SDGsの推進に資する事業を展開している企業等の取組事例を県が募集・登録・発信するとともに、県と企業等が連携してSDGsの普及啓発活動に取り組む。

  • SDGs推進に資する事業を展開している県内企業等が県に応募
  • 県がSDGs推進の目的、取組内容等を審査のうえ「かながわSDGsパートナー」として登録。登録期間は2年間(更新可)
  • 登録企業等の取組事例を県HP等で発信
  • セミナー等様々な機会や媒体を通じて登録企業等と県が連携してSDGsの推進をPR

(2)登録企業のメリット

  • 県の中小企業制度融資による支援
  • 県による対外的な広報・アピール(登録、バッジ・ステッカー・ロゴ使用)
  • 「かながわSDGsパートナーシップミーティング」を通じた市町村、企業、大学等とのマッチング支援

2 登録式

 県では、企業・団体におけるSDGs推進の裾野を広げることを目的に、「かながわSDGsパートナー制度」を立ち上げ、平成31年1月18日から2月28日にかけて募集を行いました。この度、49の企業・団体につき登録を行うこととしましたので、知事から登録証を授与しました。

 日時:2019年4月23日 14時15分から14時45分まで

 場所:県庁本庁舎 大会議場

 登録証見本(PDF:45KB)

190424kanagawasdgspartner

登録企業・団体の取組み内容等

登録企業・団体の取組内容等はこちら(PDF:1,444KB)(平成31年4月24日時点)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa