内部通報制度

掲載日:2019年6月12日

概要

職員等の職務の遂行に関して、法令違反行為や、職務上の義務違反又は職務を怠る行為などがあった場合に、県職員等が、公正・透明な職場づくり相談窓口(総務局総務室及び教育局行政部行政課に設置)又は外部調査員(弁護士)に通報できる制度です。

根拠 神奈川県職員等不祥事防止対策条例
公正・透明な職場づくり推進要綱
内部通報をできる者 県職員(退職者、非常勤職員、日々雇用職員を含む。)、県への派遣労働者、委託事業等従事者等
対象行為 職員等の職務の遂行に係る行為で、次に該当する行為
(1) 法令等に違反する行為
(2) 職務上の義務に違反し、又は職務を怠る行為
(3) 県民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行
(4) その他職務の遂行の公正さに対する県民の疑惑や不信を招くような行為
内部通報への対応 通報があった場合には、公正・透明な職場づくり相談窓口が外部調査員の指示のもとに通報者の保護を図りながら調査を実施し、その結果、県は外部調査員の意見・助言を踏まえ、必要な改善措置を講じ、外部調査員はその改善措置について意見・助言ができる。
なお、外部調査員自らが調査することもできる。
運用開始日 平成17年4月1日 
運用状況

平成30年度の状況(令和元年6月12日公表)

平成29年度の状況(平成30年6月15日公表)

 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa