道路都市課

掲載日:2018年6月4日

道路都市課では道路改良、橋りょう整備、街路整備、立体交差事業、公園整備などの建設事業を担当しています。

現在以下の事業の整備が進んでいます。

道路改良事業

国道1号(函嶺洞門バイパスの整備)

箱根町湯本から塔之澤に至る310mの道路で、幅員狭小及び屈曲部の改善を目的としたバイパス整備事業

県道711号(小田原松田)

都市計画道路小田原大井線のうち、小田原市桑原から鬼柳地内まで(1,940m)の道路改良事業

県道709号(中井羽根尾)

都市計画道路小田原中井線のうち、小田原市小竹から羽根尾地内まで(第1期区間1,380m)の道路改良事業

県道731号(矢倉沢仙石原)〔南足柄市と箱根町を連絡する道路〕

南足柄市と箱根町を連絡する道路(約10.9km)のうち、箱根町区間約2.3kmの道路改良事業

平成30年6月からは、林道区間を全面通行止めにして、工事を本格的に実施していきます。御理解と御協力をよろしくお願いします。


都市計画事業

都市計画道路 穴部国府津線

県道74号(小田原山北)から小田原市蓮正寺地内まで(第6期事業区間、1,379m〔県道74号(216m)及び第5期区間(300m)を含む〕)の立体交差事業

都市計画道路 城山多古線、小田原山北線

小田原駅西口から小田原市役所を経て穴部に至る(都)城山多古線(全長2,450m)の第5期区間(400m)とあわせて城山多古線に接続する(都)小田原山北線の穴部駅入口交差点まで(600m)の計1,000mの街路整備事業

都市計画道路 湯河原箱根仙石原線

万葉橋から藤木橋までの296mの街路整備事業


公園事業

おだわら諏訪の原公園(小田原市久野・府川・飯田岡)の整備・管理

身近な自然環境を活かしたふれあい体験の場を創出する公園(開園面積15.4ha)

全体約65haのうち、第1期区域(17.2ha)の公園整備

恩賜箱根公園(箱根町元箱根地内)の管理

歴史と文化の香る庭園美と、富士山の眺望が堪能できる公園(開園面積15.9ha)


事業の概要は道のはなし(道路をつくる)をご覧になってください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa