大規模地震災害に対する高圧ガス施設等に係る減災対策の調査報告書

掲載日:2018年3月23日

大規模地震災害に対する高圧ガス施設等に係る減災対策の調査報告書

本県の臨海部には、石油、化学、鉄鋼等の基幹産業が立地したコンビナートが形成されており、大規模な高圧ガス施設を抱えた事業所が多く存在します。
近年、首都直下地震等の大規模地震の切迫性が指摘されている中で、高圧ガス施設においては、地震発生時の被害の最小化又は拡大防止のための、いわゆる減災対策が重要となっています。

そこで、地震に起因する大規模災害(高圧ガスの大量漏えい、爆発火災等)に対する減災対策を、各事業所でさらに進めていただけるよう、平成26年度に一般社団法人神奈川県高圧ガス保安協会に、減災対策の取組状況、取組に当たっての課題等の調査を委託し、その成果を次のとおりとりまとめました。

各事業所におかれましては、今回とりまとめた調査結果、今後取り組むべき減災対策等についての提言等を参考にしていただき、大規模地震への備えを効果的に進めていただきますようお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019