高圧ガス配管の耐震性改善簡易チェック手法に関する技術資料について

掲載日:2018年3月23日

高圧ガス配管の耐震性改善簡易チェック手法に関する技術資料

高圧ガス配管が地震動などにより損傷し、内部の高圧ガスが漏えいした場合、重大な事故に進展することが懸念されます。また、配管の耐震基準への適合率は、貯槽や塔などに比べて低く、今後発生が懸念される大規模地震への備えが課題となっています。

そこで、神奈川県では、高圧ガス事業所における高圧ガス配管の耐震性に係る自主的な点検を促進することを目的として、平成25年度に一般社団法人神奈川県高圧ガス保安協会に高圧ガス配管の耐震性に係る簡易的な点検手法に関する技術資料等の作成について委託し、その成果として以下のとおりとりまとめました。

併せて、高圧ガス施設等の耐震設計に関する教育資料として活用していただくことを目的に、高圧ガス施設等耐震設計基準の変遷等について整理しましたので、みなさまの事業所におかれましては、事業所の自主保安の観点から本資料を活用していただき、高圧ガス施設等の耐震性改善等にお役立てください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019