県立真鶴半島自然公園

掲載日:2015年7月21日

県立真鶴半島自然公園は、昭和29年4月に指定されました。面積は138ヘクタールです。

真鶴半島は箱根火山の南東縁から3キロメートルほど相模灘に突出しています。魚付保安林および県立自然公園として保護されており、クロマツのほか、暖帯性のクスノキやスダジイなどの原生林となっています。また、海岸線は特異な景観を有しており、かながわ景勝50選にも選ばれています。また黒潮系の沿岸水により海岸動植物の宝庫となっています。

県箱根出張所では、4路線の遊歩道と駐車場を管理しており、草刈、階段・木柵・指導標等の整備、維持管理を行っています。

真鶴半島の三ツ石の風景の写真

三ツ石

県立真鶴半島自然公園の地図

県立真鶴半島自然公園区域図


県立真鶴半島自然公園内の施設

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。