神奈川県の中間検査について

掲載日:2014年6月10日

 建築基準法に基づく中間検査には、国が指定し全国一律に実施するものと、特定行政庁が地域の状況を勘案して、指定するものがありますが、後者について、神奈川県では同法第7条の3の規定に基づき、平成11年より中間検査に係る特定工程及び特定工程後の工程を指定(平成11年神奈川県告示第543号)しておりましたが、平成21年に旧告示を廃止すると共に、告示(平成21年神奈川県告示第265号)を新たな内容で公布し、中間検査を実施してきたところです。

 このたび、当該告示を次のとおり改正し、平成26年7月1日から施行することとしました。

改正内容

中間検査を行う期間について
  • 平成26年6月30日までと定めていましたが、それを削除しました。

特定工程及び特定工程後の工程の概要

概要は以下のとおりですが、詳細につきましては平成21年神奈川県告示第265号(平成26年5月30日改正) [PDFファイル/74KB]]PDFファイルをご覧下さい。

1 中間検査を行う区域

横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、相模原市、鎌倉市、厚木市、平塚市、小田原市、秦野市、茅ヶ崎市、大和市(※)を除く神奈川県全域  (※)これらの市の取扱いについては、各市にお問い合わせ下さい。

2 中間検査を行う建築物

一の建築物における新築、増築又は改築に係る部分が、次の1.又は2.のいずれかに該当するもの

  1. 階数が3以上のもの
  2. 床面積の合計が500平方メートル以上のもの 

 (適用の除外) ただし、次に掲げる建築物は、中間検査の対象から除きます。

  • 法第85条第5項の許可を受けた建築物
  • 法第68条の20第1項に規定する認証型式部材等である建築物

3 中間検査を行う建築物の構造及び特定工程及び特定工程後の工程

次の表のとおりです。ただし、法第7条の3第1項第1号により国の定める工事の工程を含む建築物については、同表の建て方に関する工程の欄の規定は適用されません。
中間検査を行う建築物の構造基礎に関する工程建て方に関する工程
特定工程特定工程後の工程特定工程  特定工程後の工程
(1) 主要な構造が木造(在来軸組工法又は枠組壁工法)基礎の配筋工事基礎の配筋を覆うコンクリートを打ち込む工事屋根の小屋組工事及び構造耐力上主要な軸組の工事並びに枠組壁工法にあっては、耐力壁の工事構造耐力上主要な軸組及び耐力壁を覆う外装工事(屋根ふき工事を除く。)並びに内装工事
(2) 主要な構造が鉄骨造鉄骨造の部分において、初めて工事を施工する階の建て方工事構造耐力上主要な部分の鉄骨を覆う耐火被覆を設ける工事、壁の外装工事(屋根ふき工事を除く。)及び内装工事
(3) 主要な構造が鉄筋コンクリート造(壁式鉄筋コンクリート造を含む。)階数が1の場合は屋根版及びこれを支持するはりの配筋工事、階数が2以上の場合は鉄筋コンクリート造の部分において、その最下階から数えた階数が2の主要構造部である床版及びこれを支持するはりの配筋工事特定工程の配筋を覆うコンクリートを打ち込む工事
(4) 主要な構造が鉄骨鉄筋コンクリート造鉄骨造の部分において、初めて工事を施工する階の建て方工事構造耐力上主要な部分の鉄骨を覆うコンクリートを打ち込む工事
(5) 主要な構造がプレキャスト鉄筋コンクリート造階数が1の場合は屋根版、階数が2以上の場合はプレキャスト鉄筋コンクリート造の部分において、その最下階から数えた階数が2の主要構造部である床版を取り付ける工事階数が1の場合は屋根版、階数が2以上の場合はプレキャスト鉄筋コンクリート造の部分において、その最下階から数えた階数が2の主要構造部である床版と壁の相互を接合する部分を覆う工事
(6) 主要な構造が上記に掲げる構造以外のもの

備考

 この表において「主要な構造」とは、1の構造の場合はその構造を、2以上の構造を併用している場合はそれぞれの構造で区画された部分の床面積の合計のうちその床面積の合計が最大のもの(最大のものが2以上となるときは、初めて特定工程に係る工事を終えた部分の構造)をいう。

4 中間検査・完了検査手数料(建築物)

中間検査を行う部分の床面積の合計中間検査手数料
完了検査手数料
(中間検査ありの場合)
30平方メートル以内のもの15,000円15,000円
30平方メートルを超え、100平方メートル以内のもの18,000円18,000円
100平方メートルを超え、200平方メートル以内のもの23,000円24,000円
200平方メートルを超え、500平方メートル以内のもの32,000円31,000円
500平方メートルを超え、1,000平方メートル以内のもの52,000円55,000円
1,000平方メートルを超え、2,000平方メートル以内のもの70,000円75,000円
2,000平方メートルを超え、5,000平方メートル以内のもの100,000円110,000円
5,000平方メートルを超え、10,000平方メートル以内のもの160,000円180,000円
10,000平方メートルを超え、30,000平方メートル以内のもの210,000円230,000円
30,000平方メートルを超え、50,000平方メートル以内のもの260,000円290,000円
50,000平方メートルを超えるもの530,000円600,000円

関連資料

平成11年神奈川県告示第543号[PDF/83KB]PDFファイル
(参考)中間検査を行う建築物の取扱いについて(H23年10月14日版) [PDFファイル/896KB]PDFファイル
(参考)中間検査申請に係る手数料算定用床面積の取扱いについて[PDF/60KB]PDFファイル 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 建築住宅部 建築指導課 です。