神奈川県労働力調査結果(四半期平均・平成29年4月から6月)

掲載日:2017年9月14日

労働力調査シンボルマーク  総務省統計局から労働力調査結果における都道府県別四半期平均結果が公表され、神奈川県分をとりまとめましたので、お知らせいたします。
 ※ 労働力調査は県別に表章するように標本設計を行っていないこと、また標本規模が小さいことなどから、全国の結果に比べ結果精度が十分に確保できていないとみられるため、利用にあたっては御留意ください。

                                                                      (単位:千人)
区分28年4月から6月28年7月から9月28年10月から12月29年1月から3月29年4月から6月前年同期増減
労働力人口4,9734,9444,8974,9465,03158
就業者4,822

4,777

4,7534,8104,86846
完全失業者151167144136

163

12
非労働力人口3,0193,0583,1073,0652,986-33
完全失業率(%)3.03.43.02.7

3.2

0.2ポイント
(注1)結果数値は原数値です。(季節調整はしていません)
(注2)労働力調査では、毎月の結果を算出するための基礎となる人口(ベンチマーク人口)として推計人口を用いています。平成29年1月分結果からこのベンチマーク人口について最新の平成27年国勢調査結果を基準とする推計人口への切り替えを行っています。これに伴い、切り替え以後の公表資料における過去数値を、平成27年国勢調査基準(新基準)のベンチマーク人口に基づいて遡及又は補正した時系列接続用数値に変更しています。したがって、平成28年以前の過去の四半期平均結果については総務省統計局の公表数値と異なります。詳細については総務省統計局のホームページを御参照ください。(総務省統計局ホームページ
 

労働力人口は増加、非労働力人口は減少

 当期の15歳以上人口は、802万9千人で、このうち労働力人口は503万1千人、非労働力人口は298万6千人となっており、前年同期に比べ、労働力人口は増加、非労働力人口は減少となっています。

 

就業者、完全失業者ともに増加

 また、労働力人口のうち、就業している者(就業者)は486万8千人、失業している者(完全失業者)は16万3千人で、前年同期に比べ、就業者、完全失業者ともに増加となっています。


過去の四半期平均結果

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 統計センター です。