ビーチでは、吸う人も吸わない人も気持ちよく

掲載日:2016年8月2日

安全、きれい、快適なビーチ 

たばこは喫煙場所で

県内の海水浴場では、喫煙場所以外での喫煙は条例で禁止されています

神奈川県内の海水浴場は、例年、多くの海水浴客でにぎわっています。そうした中、混雑した砂浜での喫煙は危険であり、吸殻のポイ捨ては砂浜の美観を損なう原因にもなっています。また、たばこの煙は周囲の人の迷惑になり、健康への影響も課題となっています。

そこで、より安全できれいな海水浴場で快適に過ごしていただくために、「神奈川県内の海水浴場では、喫煙場所以外では喫煙してはいけない」というルールを盛り込んだ、神奈川県海水浴場等に関する条例を、平成22年5月に施行しました。

誰にとっても気持ちの良い、安全できれい、快適なビーチとなるよう、皆様のご理解とご協力をお願いします。

神奈川県海水浴場等に関する条例

喫煙ルールの概要

  • 県内の海水浴場では、喫煙場所以外では喫煙してはいけません。
  • 海の家などの建物には適用されません。(ただし、「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」が適用される場合があります。)
  • 海水浴場の設置者は、海水浴場内に喫煙場所を設けることができます。

海水浴場を設置する際に提出する様式(参考)

なお、鎌倉市の区域は、「鎌倉市海水浴場のマナー向上に関する条例」により、大磯町の区域は、「大磯町美しいまちづくり条例」により、それぞれ喫煙場所以外での喫煙が禁止されています。

海水浴場に関する情報

基本情報

喫煙ルールについて

海水浴場の水質について

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 生活衛生部 生活衛生課 です。