パートナーシップ支援事業とは

 神奈川県では、企業、NPO、大学など、多様な主体が協働・連携して、複雑・多様化する地域課題の解決を図っていく協働型社会の実現を目指しています。
 その一環として、「パートナーシップ支援事業」を行っています。

県と県内の中間支援組織(※)が連携して、企業・NPO・大学を仲介し、マッチング事業につながる機会を提供します。
・パートナーシップミーティング
・スタディツアー
・成果共有会

これらの事業をきっかけに、企業・NPO・大学などが連携したマッチング事業が成立しています。
(※)中間支援組織とは、NPOを支援するNPOなどをいいます。

お知らせ

■「企業、NPO、大学などによるマッチング事業が続々と誕生!-39件のマッチング事業がうまれました-」  

パートナーシップ支援事業2016マッチング事業 [PDFファイル/2.95MB]

事業のながれ

1.パートナーシップミーティング

企業・NPO・大学などの多様な主体の出会いの場、新しいつながり、きっかけづくりからスタート

パートナーシップミーティング(全4回)の開催を予定しています。
・パートナーシップミーティング in 横浜(8月7日(月曜日)) <終了しました>

・パートナーシップミーティング in 横須賀三浦(9月11日(月曜日))<終了しました>

・パートナーシップミーティング in 相模原(10月23日(月曜日))(ユニコムプラザさがみはら)

・パートナーシップミーティング in 県央・神奈川(11月21日(火曜日))(アミューあつぎ)

各パートナーシップミーティングは、県と地域の中間支援組織が協働して開催します。

2.スタディツアー   

現場を体感して、連携する効果などを学ぶ

優れた社会貢献活動を実施している企業・大学、先進的な取り組みを行っているNPOの現場を訪問するスタディツアーの実施を予定しています。<年2回>

・スタディツアー(大学編)  11月30日(木曜日) 

3.打合せ・相談など

多様な主体同士が、より深く理解し合い、つながりを深める

パートナーシップミーティング等で出会った方と、マッチング事業の企画・実施に向けて、詳細な打合せや相談等を始めましょう。
サポートメニューも活用してみましょう。
必要に応じて、県も個別に打合せの場を設定します。

4.マッチング事業の実施

多様な主体が、共通の目標を共有できたら、マッチング事業をスタート

事業実施が決定、事業を実施したら、県にもご報告ください。
マッチング事業については、随時FacebookTwitter等で広報します。

5.パートナーシップ支援事業成果共有会

マッチング事業の成果を共有し、事業をアピール

開催日程が決まったら、このページでお知らせします。

※上記のながれにかかわらず、パートナーシップミーティング等で企業・NPO・大学等が合意した場合には、随時、マッチング事業を実施してください。実施後は県にご報告ください。 マッチング事業連絡票 [Wordファイル/16KB]

充実のサポートメニュー

ボランタリー活動相談窓口(かながわ県民活動サポートセンター 9階)

火曜日から土曜日(12時から17時)、NPOと企業との連携等に関するご相談を受けています。

 ボランタリー活動相談窓口へのリンク

毎月1回程度、「企業の社会貢献相談会」として、地域貢献、NPOとの連携などについて、専門のアドバイザーがご相談を受けています。
電話:045-312-1121(代表) (内線4112)

かながわコミュニティカレッジ(かながわ県民活動サポートセンター11階)

NPOやボランティア、地域課題の解決などに取り組む人材を育成する場です。これから取り組む方、多様な主体との連携を始める方、企業の人材育成にも活用できます。
かながわコミュニティカレッジ

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 NPO協働推進課 です。