県民総ぐるみで地震から身を守ろう!-神奈川県地震防災戦略-

掲載日:2016年9月29日

神奈川県では、大規模地震による被害を軽減するため、「神奈川県地震防災戦略」を策定し、県民総ぐるみで防災・減災対策に取り組んでいます。

地震から 自身を守る 自信ある?

あなたの周りの大切な人々を守るには、まず、あなたのいのちを守ることが第一です。
自らの身を守るため、日頃からの備えに取り組みましょう。

神奈川県地震防災戦略CM―まず守るべきは自分自身―(15秒)

地震から身を守ろう!

県では、「県民のいのちを守る」ことを最優先に防災・減災対策に取り組んでいます。
自分の身を守るため、まず、皆さんにこれだけは取り組んでいただくようお願いします。

揺れから身を守る

大きな揺れを感じたら、状況に応じた「安全確保行動」をとり、自らの身を守りましょう。

かながわシェイクアウト(いっせい防災行動訓練)に参加しましょう

シェイクアウト訓練は、それぞれのご家庭、学校、職場などで一斉に安全確保行動を行う、誰でも気軽に参加できる防災訓練です。積極的に参加し、災害発生時に危険箇所から離れるなどの「安全確保行動」を習得し、自ら考えて動けるよう、日頃から準備しましょう。

かながわキンタロウ

津波から避難する

海岸近くで揺れを感じたら、速やかに高台などへ避難しましょう。

避難場所や避難経路を確認しておきましょう

避難場所はどこか、もっとも短い時間で避難できる経路はどのルートか、あらかじめ実際に歩いておくと、いざという時に安心です。また、海岸近くから離れることが難しければ、高い建物に避難することも重要です。

神奈川県地震防災戦略                 

神奈川県地震防災戦略とは、大規模地震による被害を軽減するため、「減災目標」を定めて、戦略的に防災・減災対策に取り組むための行動計画です。

県民総ぐるみで防災・減災対策に取り組むため、行政機関のほか、公益的事業を営む法人、NPO法人、自主防災組織、学識経験者などで構成する神奈川県防災会議において策定しています。

神奈川県地震防災戦略の概要                 

1.基本的な考え方

「県民のいのちを守る」ことを最優先に考えます。

自助・共助・公助が一体となった取組を推進します。

2.減災目標

大正型関東地震の死者数(31,550人)の概ね半減とします。

3.対象期間

平成28年度から平成36年度までの9年間とします。       

4.重点施策 

地震の被害を「揺れ」、「津波」、「火災」に分け、それぞれの被害の軽減に有効な対策を、30の重点施策として位置づけました。

重点施策ごとに目標を設定して、「県」、「市町村」、「国・防災関係機関」、「県民・事業者等」の主体別に、主な取組例を示しました。

5.減災コラム

県民や事業者の皆様が、防災・減災対策に取り組むために参考となる情報を、30の減災コラムとして掲載しました。

神奈川県地震防災戦略本文

一括ダウンロード 

分割ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 安全防災局 安全防災部 災害対策課 です。