神奈川インダストリアルパークのご案内

掲載日:2016年5月11日

神奈川インダストリアルパークをベトナム ハノイ近郊に設置します!

―県内中小企業のベトナムでの生産拠点設置を支援します―

 本県では、県内中小企業の海外展開を支援しています。このたび、その一環として、県内中小企業の進出要望の高いベトナム社会主義共和国の首都ハノイ近郊に「神奈川インダストリアルパーク」を設置して、県内中小企業のベトナムへの生産拠点設置を支援してまいります。

設置場所

 第二タンロン工業団地(ベトナム フンイエン省)

 (入居開始は2015年6月以降)

 詳細は神奈川インダストリアルパークのご案内 [PDFファイル/849KB]をクリックください。

神奈川インダストリアルパークとは

 県内中小企業の海外での生産拠点設置を支援するため、進出要望の高いベトナムにおいて、中小企業向け集合貸工場「神奈川インダストリアルパーク」を設置し(※1)、入居する県内企業に対して県及び関係機関等(※2)が進出の準備段階から操業後まで総合的に支援するものです。

(※1)第二タンロン工業団地が整備・運営する貸工場の一部を「神奈川インダストリアルパーク」として活用します。

(※2)関係機関:

(公財)神奈川産業振興センター(KIP)、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)、(株)横浜銀行、

(株)浜銀総合研究所、東京海上日動火災保険(株)、(株)ケイエスピー(KSP)

神奈川インダストリアルパーク

入居企業のメリット

1.神奈川県及び関係機関等から進出前から進出後まで一貫した支援が受けられます。

2.情報提供、海外進出計画作成、資金調達、リスクマネジメント、現地政府等への申請等、多面的な支援が受けられます。

3.現地政府機関からの支援が受けられます(※1)。

4.神奈川県内企業に対する優遇処置(管理費1年分(※2)無料)が用意されています。

 (※1)神奈川県とベトナム計画投資省とは、2014年7月に「経済交流に関する覚書」を結んでおり、同省はベトナムへ進出する神奈川県企業への支援を約束しています。また、第二タンロン工業団地が立地するフンイエン省とも覚書締結などに向けて調整を行ってまいります。

(※2)管理費は年間1,000平方メートルにつき5,000米ドル(500平方メートルの区画も年間5,000米ドル) 

入居に関しまして

  入居のお問い合わせ等につきましては、公益財団法人 神奈川産業振興センター 国際課

  (電話:045-633-5126、メールアドレス:kokusai@kipc.or.jp) までお問い合わせください。

  なお、入居に関する契約は、入居企業と工業団地管理会社との契約となります。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 企業誘致・国際ビジネス課 です。