神奈川インダストリアルパーク事業のご案内

掲載日:2017年11月17日

神奈川インダストリアルパーク事業とは

県内中小企業の海外での生産拠点設置を支援するため、進出ニーズの高いベトナムにおいて、本事業で連携する工業団地に進出する県内企業に対し、県及び関係機関等が進出の準備段階から操業後まで総合的にサポートするものです。

なお、進出する県内企業は、工業団地から賃料や管理費等の減免などの支援が受けられます。

神奈川インダストリアルパークサポート体制

 

連携している工業団地

1 第二タンロン工業団地 (ベトナム フンイエン省)

2 フォーノイA工業団地内IDI第1、3レンタル工場(ベトナム フンイエン省)

3 ドンバン3工業団地(ベトナム ハナム省)

4 タンキム工業団地及びタンキム拡張工業団地内KIZUNAレンタルサービス工場(ベトナム ロンアン省)

各工業団地の詳細は、「連携する工業団地について [PDFファイル/1.06MB]」をご参照ください。

 

入居企業のメリット

1 神奈川県及び関係機関等による進出前から進出後まで一貫した支援が受けられます。

2 情報提供、海外進出計画作成、資金調達、リスクマネジメント、現地政府等への申請等、多面的な支援が受けられます。

3 現地政府機関からの支援が受けられます(※1)。

4 工業団地等から県内企業に対する支援(※2、※3)が用意されています。

 

(※1)神奈川県とベトナム計画投資省とは、2014年7月に「経済交流に関する覚書」を結んでおり、同省はベトナムへ進出する神奈川県企業への支援を約束しています。

(※2)賃料や管理費の減免等といった支援が受けられます。(工業団地によって支援内容は異なります。)

(※3)入居企業は、三井住友海上火災保険株式会社が実施するリスクサーベイ(火災、盗難等の調査)を無料で受けることができます。

 

入居に関して

入居に関する契約は、入居企業と海外工業団地開発業者等との契約となります。

 

支援の適用について

神奈川インダストリアルパーク事業で連携する工業団地を開発・運営する海外工業団地開発業者等と公益財団法人神奈川産業振興センター(KIP)が協定を締結し、県内企業への支援の適用について定めています。

工業団地からの支援の適用を希望する県内企業は公益財団法人神奈川産業振興センター(KIP)に対し、支援の適用を申請する必要があります。

 

問い合わせ先

神奈川県産業労働局産業部企業誘致・国際ビジネス課 電話:045-210-5567

公益財団法人神奈川産業振興センター 国際課 電話:045-633-5126 

 

 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 企業誘致・国際ビジネス課 です。