薬剤師

掲載日:2017年4月13日

*平成29年3月14日に開催した「平成29年度神奈川県職員採用試験に向けた説明会」の概要をご紹介します。
*所属名称は配属当時のものです。

小田原保健福祉事務所 相原 康子 副技幹

相原副技幹

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

相模原保健福祉事務所 → 茅ヶ崎保健福祉事務所 → 藤沢保健福祉事務所 

→ 藤沢市保健所 → 薬務課 → 生活衛生課茅ヶ崎駐在事務所 → 現所属

現在担当している業務内容

  • 食品衛生課の班長業務
  • 食品衛生業務の企画調整、監視指導、食中毒・苦情対応、食中毒予防対策に関すること

新採用当時の思い出

 民間の会社から調剤薬局、病院を経験した後、相模原保健福祉事務所(現在は相模原市保健所)の食品衛生課に配属されました。民間での経験もあり、全くの新人ではありませんでしたが、新たな分野の業務であったため非常に緊張して勤務したことを覚えています。上司の方々は皆親切に教えてくださり、緊張はほぐれていきましたが、民間と公務員の差などをつくづく感じながら、勤務していました。

仕事のやりがい

 飲食店や食品の製造業の許認可、温泉・公衆浴場・薬局などの許認可、学校に出張し薬物乱用防止教室での講演など幅広い業務に携わることができ、毎年新しい事例に触れることができます。大変やりがいがあり、継続して勤務できる環境です。

皆さんへのメッセージ

 皆様のやる気がこれからの神奈川県を動かすと思います。何がやりたいのかという目的をもって受験してください。


薬務課 和田 泰樹 技師

和田技師の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

入庁時から現所属

現在担当している業務内容

  • 医療機器修理業許認可業務

  • 毒物劇物製造業、輸入業の許認可業務

  • 所属課ホームページ管理

入庁時の志望動機

 神奈川県出身ということもあり、神奈川県に愛着がありました。そして薬剤師として薬事衛生、環境衛生、食品衛生という幅広いフィールドで活躍できる本職を志望しました。

新採用当時の思い出

 社会人経験をしてからの入庁であり、前職とは全く異なる仕事内容であったことや、年齢に対するプレッシャー等で不安でしたが、周りの諸先輩方の親身な指導もあり、非常にありがたかったという思いです。また、普段立ち入る機会が無い医薬品等の製造施設、石油コンビナート等にも足を運ぶこともあり、様々な経験を積むことが出来る仕事だと実感しました。

仕事のやりがい

 法律等の専門的な知識が求められ、覚えることも多く、自分たちの発言は相手にとって非常に大きな影響力があるので非常に責任が重い仕事です。

 しかし、業者の方に適切な管理をして頂くことで、その先にいる使用者の方の健康や安全に貢献することができるやりがいのある仕事です。

皆さんへのメッセージ

 若手が非常に活躍している職場です。
 薬剤師として幅広いフィールドで活躍したいと思っている方、ぜひ一緒に働きましょう!

神奈川県

このページの所管所属は 人事委員会事務局 です。