県内河川の「洪水浸水想定区域図」等について

掲載日:2016年5月30日

洪水浸水想定区域図

県管理河川(横浜市管理河川も含む)

 平成27年度に水防法が改正され、「洪水浸水想定区域図」の対象とする降雨が、「河川整備の目標とする降雨」から「想定し得る最大規模の降雨」に高められことなどから、県では、「洪水浸水想定区域図」の見直しを進めています。

 今後、見直しが完了した河川から順次、公表していきます。
 
 鶴見川水系では、国が中心となって、直轄管理区間のほか、県等の管理区間も含めた水系全体を対象にして、各管理者と調整しながら「洪水浸水想定区域図」の見直しを進めており、先行して、平成28年5月に、水系全体の「洪水浸水シミュレーション」を公表しました。
 見直し後の「洪水浸水想定区域図」については、今後、公表する予定です。
※「洪水氾濫シミュレーション」:破堤地点別に、浸水する範囲と水深の時系列の変化等を確認できるもの
※「洪水浸水想定区域図」:洪水氾濫シミュレーションの結果を重ね合わせて、最大となる浸水範囲と水深を図面に表したもの
 

国管理河川

 

洪水ハザードマップ

 市町村では、「洪水浸水想定区域図」を基に避難所等を示した「洪水ハザードマップ」を作成しており、市町村ホームページで閲覧することができます。

 

雨量水位情報

 県内各地の雨量・水位値や河川監視カメラ画像などについても、県のホームページで情報提供しています。

神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 河川下水道部 河川課 です。