リニア中央新幹線建設促進神奈川県期成同盟会

掲載日:2016年7月26日

期成同盟会の概要

 リニア中央新幹線の早期建設と県内停車駅設置の実現を目指して、神奈川県、県内全市町村、県商工会議所連合会、県商工会連合会で構成する「リニア中央新幹線建設促進神奈川県期成同盟会」では、沿線の各都府県と連携を図りながら、国等への要望活動を行うとともに、広報活動に取り組んでいます。

設立平成2年6月4日
目的リニア中央新幹線の建設促進と県内停車駅設置の実現を促進すること
会員神奈川県知事(会長)、県内全市町村長、県商工会議所連合会会頭及び県商工会連合会会長

期成同盟会の主な活動内容

広報活動

1.リーフレットの作成

リーフレット

ルートや県内駅の位置など、神奈川県内の事業概要についてご紹介しています。

こちらからダウンロードできます [PDFファイル/2.06MB]

2.講演会の開催(共催)

年月日

内容

平成28年3月8日

講演会「鉄道がつなげる可能性と未来、旅する幸せ」を開催(於:海老名市文化会館小ホール)

鉄道フォトライター 矢野 直美氏

共催・神奈川県東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会、相模線複線化等促進期成同盟会

※当日行われた講演会の内容はこちらをご覧ください。

平成28年度総会の開催

 平成28年7月22日(金曜日)、ロイヤルホールヨコハマにおいて、平成28年度リニア中央新幹線建設促進神奈川県期成同盟会総会を開催しました。総会では、平成27年度決算報告や平成28年度予算承認のほか、以下の決議を採択しました。

総会 知事あいさつ

1 工事実施計画に基づき着実に事業を進め、早期整備を図ること。

2 全線の早期整備のための具体策について検討を進めること。

3 リニア中央新幹線の早期建設のため、大深度地下使用等に関する行政手続が円滑に進められるよう、所要の措置を取ること。

4 リニア中央新幹線神奈川県駅や車両基地等の設置については、地元自治体のまちづくりの意向や地域住民の要望を十分反映させ、地域の発展に資するよう努めること。

5 全国との交流連携の窓口にふさわしい魅力ある駅となるよう、ターミナル駅と同等の停車本数を確保すること。

6 駅・車両基地・変電施設・非常口及び本線などの整備にあたっては、周辺への環境影響を可能な限り低減するよう必要な措置を講じること。また、移転者等の生活再建に配慮するなど、地元の理解が得られるよう、十分な情報提供や適切な説明を行うとともに、丁寧な対応に努めること。

7 建設工事を実施する際は、円滑な事業進捗が図られるといった地元企業が携わる利点を踏まえ、受注機会の拡大に配慮するなど、地域の活性化に資するよう努めること。

県内駅設置に向けた取組

リニア中央新幹線神奈川県駅

 平成26年10月17日、国土交通大臣が、全国新幹線鉄道整備法に基づき、中央新幹線(品川・名古屋間)の工事実施計画を認可しました。神奈川県駅については、県期成同盟会が要望していたとおり、相模原市緑区の「橋本駅付近」に設置されることになりました。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 都市部 交通企画課 です。