神奈川県年齢別人口統計調査

掲載日:2015年7月31日

平成27年1月1日現在の神奈川県年齢別人口統計調査結果を
次のとおりとりまとめましたのでお知らせします。

※神奈川県年齢別人口統計調査は、平成22年国勢調査の年齢別人口を基礎数値とし、住民基本台帳法、戸籍法等に定める出生、死亡、転入、転出の年齢別異動人口を加減して推計しているものです。

※なお、総人口には年齢不詳を含んでいますが、構成比は年齢不詳を除いて算出しています。

  年齢(3区分)別人口

平成27年1月1日現在の総人口は910万346人で、これを年齢(3区分)別にみると、年少人口(0から14歳)が116万16人、生産年齢人口(15歳から64歳)が577万260人、老年人口(65歳以上)が211万7842人となっています。

平成26年1月1日現在の調査(以下「前年調査」という。)と比べると、総人口で1万6507人の増加があり、その内訳は、年少人口が8034人の減少、生産年齢人口が5万7243人の減少、老年人口が8万1784人の増加となっています。

年齢(3区分)別人口の構成比は、前年調査に比べ、年少人口は0.1ポイント低下し12.8%、生産年齢人口は0.7ポイント低下し63.8%、老年人口は0.9ポイント上昇し23.4%となっています。全国値と比べると、生産年齢人口では2.7ポイント高く、老年人口は2.8ポイント低くなっています。

 年齢別人口及び構成比

総人口年少人口
(0から14歳)
生産年齢人口
(15から64歳)
老年人口
(65歳以上)
全国12702 万人
(100.0%)
1621万人
(12.8%)
7757 万人
(61.1%)
3323 万人
(26.2%)
神奈川県910 万人
(100.0%)
116 万人
(12.8%)
577万人
(63.8%)
212 万人
(23.4%)

※全国の人口は、総務省統計局「人口推計月報(平成27年1月1日現在確定値)」による。

年齢階級別人口

 年齢別(男女別)人口数

年齢(10歳階級)別人口は、40歳代が149万1838人(人口構成比16.5%)と最も多く、次いで30歳代の122万5105人(同13.5%)、60歳代の117万7708人(同13.0%)の順となっています。

男女別にみると、40歳代が男女とも最も多くなり、男性が77万1315人(男性に占める割合は17.1%)、女性が72万523人 (女性に占める割合は15.9%)となっています。

性比

総人口における性比(女性100人に対する男性の数)は99.9で、前年調査と比べ、0.2ポイント低下していますが、全国値(94.7)と比べると5.2ポイント上回っています。

年齢(5歳階級)別人口でみると、25から29歳が112.0と最も高く、次いで20から24歳の109.4となっています。

平均年齢

平均年齢は44.76歳で、前年調査に比べ0.31歳上昇しました。

男女別にみると、男性は0.29歳上昇して43.54歳、女性は0.32歳上昇して45.97歳、男性が女性より2.43歳低くなっています。

年齢別異動人口

平成26年中の人口増減は1万6507人増で、その内訳は自然増減が286人減、社会増減が1万6793人増でし た。

自然増減の内訳は、出生者が7万4458人、死亡者が7万4744人となり、死亡者数が出生者数を上回る結果となりました。

社会増減の内訳は、転入者が47万8909人、転出者が46万2116人となっており、年齢(5歳階級)別人口をみると、社会増減で20から24歳が1万974人増と最も多く、次いで15から19歳の6164人増となっています。

調査結果概要

調査結果をご覧になりたい方は、ご希望の資料名をクリックしてください。

過去のデータはこちら

過去のデータはこちらからご覧ください

 

 

このページの先頭へもどる

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 統計センター です。