県のたより3月号

掲載日:2021年2月26日

KNG Info かながわ県のたより

令和3年3月号
No.792 3月1日発行

福祉の現場を支える

入所者も職員も細心の行動を心がけています。社会福祉法人 富士美 特別養護老人ホーム ヒューマン 施設長 森 弘樹(もりひろき)氏 森 弘樹 施設長(左) 大久保 和樹 生活相談課長(右)

ウイルスから高齢者の方々を守るために

   ウイルスが外部から持ち込まれるリスクを避けるため、ご家族が直接対面する面会は控えていただき、リモートやガラス越し面会を実施しています。また、日頃ご支援をいただいている地域の方々やボランティアの方々の来訪もご遠慮いただいています。これまで当たり前に行っていた面会や行事が行えず、我慢の多い生活が続いていますが、心身の衰えや認知症の進行などの悪影響が出ないよう、ゆず湯などコロナ禍でもできる行事を行っています。

   施設には重症化リスクが高い高齢者が多数入所していることから、集団感染の発生はなんとしても避けなければなりません。そのため、ご入所者の体温を毎日測定し、体調の異変にすぐに気づけるよう努めています。また、職員には勤務中だけでなくプライベートでも十分な感染防止対策を行うよう呼び掛けています。

集中的な検査は施設の安心・安全へ

   感染を早期に発見できれば、職員からご入所者にウイルスを感染させてしまうリスクが下げられ、感染が発覚した職員も早期に療養でき重症化が避けられると思います。高齢者施設等での集中的なPCR検査等はご入所者や職員の安心や安全につながると思います。

心は「密」に

   物理的な距離が離れても、心は離れる必要はありません。施設の職員も色々な工夫や我慢をして過ごしています。若い方も、自分が感染しても軽症で済むからではなく、みんなでちょっとずつ気を付けて行動していただければと思っています。

高齢者施設等の従事者等に対する集中的な検査

県が県内全域で実施します!

高齢者施設等の従事者等に対する集中的な検査

県は、政令市等の保健所設置市を含む県内全域を対象として、重症化リスクが高い高齢者や障がい者が入所する施設の従事者約10万人に集中的にPCR検査を実施することとしました。高齢者施設等に入所されている方は外部との接触が限られているため、施設の従事者を対象として、定期的に検査を実施することで施設内の感染防止対策を強化します。検査は2月中旬から3月までに2週間に1回、計3回実施します。詳しくは県ホームページをご確認ください。

【問合せ】県医療危機対策本部室   [電話] 045(210)4791   [ファックス] 045(633)3770