県のたより3月号

掲載日:2021年2月26日

KNG Info かながわ県のたより

令和3年3月号
No.792 3月1日発行

医療の現場を支える

私たちだけでは防げません。お一人お一人の行動によるご協力をお願いします。厚木保健福祉事務所保健予防課 副技幹 志波直子(しわなおこ) 八木下しのぶ保健予防課長(左) 志波直子副技幹(右)

   保健福祉事務所(保健所)では、感染症法に基づいて業務を行い、地域の感染症のまん延防止のために、可能な限り迅速な対応に努めています。まず、新型コロナウイルスの検査で陽性となった場合には、医師から届け出をいただきます。その届け出に基づき、ご本人に連絡し、感染したと思われる場面や、他の人に感染させ得る時期の行動を伺います。また、必要に応じてご家族や友人、勤務先の方等にお電話させていただく場合もあります。そして、感染リスクの高い方へは、検査や受診のご案内をしたり、健康観察期間の過ごし方について助言をします。同時に、陽性者の療養場所(入院医療機関・自宅療養・宿泊療養施設)の選定や療養中の注意事項等をお伝えします。これらの一連の対応が終了すると、県対策本部に療養中のフォローアップを引き継ぎます。

対応には難しさも

   県内では年末年始から感染者が急増し、入院が必要な病状の方々の受け入れ病院が見つからずに懸命に探す状況でした。感染拡大を防ぐよう、陽性者・感染の可能性がある方には外出自粛をお願いしていました。しかし、陽性者調査では、家庭や人間関係、仕事などのプライバシーに踏み込んだ内容になるのでご協力いただけないことや、外国籍の方で、言語が通じず調査に時間を要すこともありました。人それぞれの立場や価値観があり、感染防止を第一に行動していただくことの難しさを感じています。「そんなに休んだら、仕事がなくなる。」等の切実なお話を伺うこともありますが、感染拡大防止のためには外出自粛にできる限りご理解やご協力をいただくようにお願いをしています。

安心して生活していただくために

   保健福祉事務所は、セクションを超えた協力や外部からの応援を得ながらこの急場を乗り越えました。私自身も身体的・精神的に追い詰められることもありますが、今までの保健師業務において、医療機器を装着し在宅で生活をされている方、さまざまな疾患を持ちながら生活をされている方、子育て中のご家族等、今までに出会った方々が思い出され、その方に安心した生活を送ってもらうためにも感染をできるだけ食い止められれば…と思い、奮闘する毎日です。

   制限された日常がいつ元に戻るかわからない中、目標を見失いがちになると思います。私たち行政や医療の力だけでは、感染拡大を防ぐことはできません。県民の皆さまお一人お一人の行動によるご協力をお願いします。

【問合せ】県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル   [電話] (0570)056774 音声案内1番
※一部のIP電話など左記電話番号につながらない場合は   [電話] 045(285)0536