県のたより10月号

掲載日:2020年9月30日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年10月号
No.786 10月1日発行

あなたのいのちを守るため
高齢者のインフルエンザ予防接種を無償化します。

高齢者のインフルエンザ予防接種を無償化

新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議

新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議

接種開始時期等に関する市町村の問い合わせ先

接種開始時期等については、各市町村へお問い合わせください。

   新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、秋から冬にかけて季節性インフルエンザも同時に流行することが予測されます。インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は発熱や咳など共通する症状が多く、どちらのウイルスによる症状か特定することは難しく、発熱患者が医療機関に殺到すると、混乱が生じる恐れがあります。

   そこで、あらかじめインフルエンザの予防接種を受けておくことが安全安心につながります。特に高齢者は新型コロナウイルスはもちろんインフルエンザについても、重症化するリスクが高く、命を落とすことさえあります。

   県は、65歳以上の高齢者の方や、60から64歳で呼吸器等の機能に障害がある方を対象に市町村が実施するインフルエンザワクチンの定期接種に、財政的支援をすることで、ご本人の負担をゼロにすることにしました。高齢者の方々などは、ぜひ積極的に予防接種を受けてください。

   インフルエンザワクチンの必要量は十分に確保されているので心配する必要はありませんが、市町村のワクチン接種事業開始時に接種希望者が集中しますと、短期的にワクチンが不足する可能性もあります。そのため、「ワクチン接種は高齢者など重症化リスクの高い方々から」という配慮をお願いします。みんなで高齢者の方々などを守っていきましょう。

   今後も県民の皆さまが安心して暮らし、社会経済活動を続けられるよう、県は全力を尽くしていきますので、皆さまのご協力をお願いします。

神奈川県知事黒岩祐治

【問合せ】県医療危機対策本部室   [電話] 045(210)4791   [ファックス] 045(633)3770