県のたより9月号

掲載日:2020年8月31日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年9月号
No.785 9月1日発行

県共生社会推進課より

ともいきバトン   vol.15

ともに生きる

このコラムでは、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念に共感していただいている方々のメッセージをご紹介しています。

|今月は、ちがいをかんがえるえほん『みえるとか みえないとか』の著者 ヨシタケシンスケさんに伺いました!|

『みえるとかみえないとか』の著者ヨシタケシンスケさん

『みえるとか みえないとか』の著者
  ヨシタケシンスケさん

それぞれの違いを意識する大切さと面白さ。

『みえるとか みえないとか』は、伊藤亜紗さんの著書『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を絵本化しよう、というところからスタートしました。「お互いの違いを面白がる」という伊藤さんのコンセプトを絵本にするべく作業を進めたのですが、想像以上に難しく、色々と考えたすえ、「ふつう」の概念のない宇宙を舞台にすることを思いつきました。
多かれ少なかれ、人はみんな違うもので、だからこそさまざまな問題も起きてしまいます。でもぼくたちは、その違いを楽しむこともできるはずです。この本が、自分と他人の違うところと同じところを認識する難しさ、大切さ、面白さを考えるきっかけになってくれたら、とてもうれしいです。

(提供)アリス館 イラスト出典:『みえるとか みえないとか』

(提供)アリス館 イラスト出典:『みえるとか みえないとか』

絵本『みえるとか みえないとか』について

絵本『みえるとか みえないとか』について

ともに生きる社会 かながわ憲章

平成28年10月14日   神奈川県

一   私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします

一   私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します

一   私たちは、障がい者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、

いかなる偏見や差別も排除します

一   私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

かながわ憲章で検索

平成28年7月26日、障害者支援施設である県立「津久井やまゆり園」において、大変痛ましい事件が発生しました。このような事件が二度と繰り返されないよう、県と県議会は、この悲しみを力に、断固とした決意をもって、ともに生きる社会の実現をめざし、「ともに生きる社会かながわ憲章」を定めました。

【問合せ】県共生社会推進課   [電話] 045(210)4961   [ファックス] 045(210)8854