県のたより9月号

掲載日:2020年8月31日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年9月号
No.785 9月1日発行

県高齢福祉課より

認知症とともに生きる

9月は世界アルツハイマー月間、
9月21日は世界アルツハイマーデーです

認知症の高齢者は、2025年に全国で約700万人、65歳以上の高齢者の約5人に1人に達するといわれます。認知症が身近になる中、認知症の方やご家族が、地域と交流を持つことで、自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくりが求められています。県は、認知症とともに生きる社会の実現を目指し、認知症について、誰もが自分ごととして捉える「認知症未病改善」の考え方を踏まえた取り組みを推進しています。

世界アルツハイマーデーに寄せて「世界アルツハイマーデーは、身近な問題になった認知症について、世界中の人々と一緒に考える日です。皆さんも、認知症に関心を持ち、認知症を知ってください。」川崎幸クリニック 院長・杉山孝博氏(公益社団法人認知症の人と家族の会神奈川県支部 代表世話人) 神奈川県認知症の人と家族を支えるマーク

神奈川県認知症の人と家族を支えるマーク

「未病」とは・・・人の心身の状態は、「健康」と「病気」の間で連続的に変化しており、この変化の過程を「未病」といいます。日ごろから、食・運動・社会参加の3つを柱に、未病改善に取り組むことが大切です。

健康、未病、病気

認知症フレンドリー逗子葉山

「認知症になってもやりたいことを実現できる機会を作ろう」をテーマに活動する団体です。月に1回ずつ、ウオーキングの取り組み「歩こう会」と、音楽の取り組み「フレンドリー楽団」の練習をオンラインで行い、楽しい輪を広げています。

オレンジライトアップ

オレンジライトアップ
日時:9月17日から23日   18時から22時

世界アルツハイマーデーにあわせて、認知症サポーターの証である「オレンジリング」のオレンジ色に県庁本庁舎をライトアップします。

メッセージ動画募集   期間:9月11日から30日

ORANGEKANAGAWA

期間中、Instagramでハッシュタグ「#認知症オレンジライトかながわ」をつけて、世界アルツハイマーデーに寄せたメッセージの動画を投稿してください。抽選で「認知症の人と家族を支えるマーク」の入ったバッグ等をプレゼントします。詳しくはInstagram(@orangekanagawa)をチェック!

「認知症施策評価のためのアンケート調査」を実施します。調査の詳細のほか、世界アルツハイマーデーにあわせた取り組みや県の施策については、かながわ認知症ポータルサイトに掲載しています。

QRコード

【問合せ】県高齢福祉課   [電話] 045(210)4846   [ファックス] 045(210)8874